주요 기사 바로가기

北京を引きつける金正恩の「牡丹峰外交」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.12 09:06
0
北朝鮮牡丹峰(モランボン)楽団の中国公演が開始前から公演期間の延長を決めるなど注目を浴びている。朝中関係消息筋は11日、「今回の公演の入場券要請が殺到し、当初3日間だった公演期間を5日間に延長することで朝中当局が合意した」と明らかにした。また人民解放軍歌舞団出身の習近平中国国家主席夫人、彭麗媛氏が公演を観覧する可能性もある。

北京の国家大劇院で開かれる今回の公演は一般人の入場が統制された中、招待された人だけを対象に非公開で進行される。中国メディアによると、当初2000人の招待が予定されていた。

消息筋は「公演を主管する中国共産党対外連絡部が中国党・政幹部や朝中関係従事者を中心に招請対象者を選別して通知中」とし「しかし各級機関からチケットの要請が殺到すると、中国側が公演延長を提案し、北側が快く受諾した」と述べた。これを受け、当初は12日から14日まで3日間の予定だった公演は16日まで行われることになった。対外連絡部のほか、在中北朝鮮大使館にもチケット要請が殺到している。

今回の公演は北朝鮮と中国当局の緻密な調整を経て実現した。池在竜(チ・ジェリョン)駐中北朝鮮大使は7日、対外連絡部を訪問し、宋涛部長と今回の公演について最終協議したことが確認された。北朝鮮は翌日、朝鮮中央通信を通じて中国公演を発表した。9日、公演団の出発現場である平壌(ピョンヤン)駅では序列5位の金己男(キム・ギナム)労働党書記が歓送した。これは牡丹峰楽団が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が指示して設立された楽団という点と無関係でない。金正恩執権初年度の2012年7月に創立公演をし、この席に李雪主(イ・ソルジュ)夫人が初めて姿を現した。牡丹峰楽団招請は中国が金正恩第1書記に送るメッセージだという見方も出ている理由だ。

別の関係者は「彭麗媛夫人は牡丹峰楽団と同じように軍傘下の芸術団員出身で、今でも将軍階級を維持し、招請対象に含まれる」とし「しかし実際に観覧するかどうかは最後まで分からない」と述べた。しかし習近平主席の同行の可能性を尋ねる質問には「それはない」と答えた。

各国の外交関係者は今回の公演が朝中関係の本格的な「解氷」につながる可能性に注目している。政府の外交当局者は「今回の公演が卓球競技で米中修交の突破口を開いたピンポン外交を連想させる側面もある」とし「金正恩第1書記の訪中の可能性を含めて朝中関係がどう流れるか注視している」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP