주요 기사 바로가기

歌手PSY、米TMZとインタビュー…「『DADDY』の成績、意味がある」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.12.11 13:20
0
歌手PSY(サイ)が米国芸能メディアTMZとの映像インタビューで『DADDY』で海外で多くの愛を受けていることに対する所感を明らかにした。

10日(現地時間)米国芸能メディアTMZは今月9日深夜に行われたPSYとのTMZ Live映像インタビューを公開、「『江南(カンナム)スタイル以後、もう1つのヒット曲が誕生した』と言ってカムバックしたPSYと彼の新曲『DADDY』について集中的にスポットライトを当てた。

PSYは映像インタビューで「『DADDY』は4回修正した曲だ。それは振りつけ、ミュージックビデオ、特殊効果などを全て4回直したという意味」とし、『DADDY』が誕生するまでいかに多くの時間と苦悩が必要だったかを説明した。

続けてPSYは「海外で正式プロモーションなしで『DADDY』ミュージックビデオが再生回数4000万回を越えたことは非常に意味のある結果だと考え、満足している」と所感を伝えた。

また、PSYは「プロモーションのために米国に来れば何をするか」というTMZ側の最後の質問に具体的なコンサートや活動計画の代わりに「英語で話す」と冗談を言ってスタジオをどっと笑わせた。

一方、PSYの新曲『DADDY』は先立って8日に公開された12月19日付のビルボード・シングルチャートのホット100で97位を記録、アジア歌手で初の4曲連続ビルボード・ホット100入りという新記録を打ち立て話題を集めたのに続き10日に公開されたビルボード・ワールド・デジタル・ソング・チャートで1位となりグローバルな人気を証明している。

このような成績を記録しながら米ビルボード、エンターテインメント・ウィークリーなど海外メディアが先を争ってPSYに対する報道をしており現地での高い関心を反映している。

11日午前9時基準で『DADDY』のミュージックビデオはYoutubeで再生回数4655万回を突破して粘り強い上昇の勢いを継続している。

特に『DADDY』は国内音源チャートで大型歌手のカムバックと引き続いた新曲公開に先頭をしばらく渡したりもしたが再び1位上昇雰囲気に乗っている。

PSYは今月24日から26日までソウル・オリンピック公園体操競技場で開かれる年末コンサート「オールナイトスタンド2015-公演のGOD PSY」で韓国のファンにも直接会い、25日のクリスマス当日公演はVアプリを通じて生中継される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    歌手PSY、米TMZとインタビュー…「『DADDY』の成績、意味がある」

    2015.12.11 13:20
    뉴스 메뉴 보기
    歌手PSY
    TOP