주요 기사 바로가기

【外から見る韓国】妥協でみんなが勝者になった韓国に拍手(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.10 10:49
0
論客にとって批判は非常に簡単なことだ。また論客が主にするのは批判だ。しかし論客には称賛することも重要だ。韓国の国会議員・警察・デモ参加者・一般市民・裁判所はすべて、今すぐ称賛の花束を受けるに値する。韓国で一般的でない中庸・妥協・自制を実践したからだ。今回は韓国の人々が路上でも国会でも争いを避けたり克服したりした。最近、韓国は2度勝利した。

私を悲観主義者だと呼んでもかまわない。しかし私は先月14日の「1次民衆総決起集会」以降、最悪の状況になることを心配した。ソウルの都心でデモ隊と警察がお互いを攻撃する武力衝突をすれば、それは決して見慣れない場面ではない。しかし非常に残念なことだ。衝突で生じる負傷と損失、双方の強硬な態度を目撃するのはいつも悲しいことだ。政治的な側面でも、韓国というブランドの広報の側面でも、正しい形でない。世界のメディアが韓国について報道することは多くない(北朝鮮に関してはよく報道するが)。壮観が繰り広げられる韓国の騒ぎはテレビニュースのネタに適している

常に良い「見もの」だ。世界がソウルで発生したことを報道する時、それは常に否定的なものに関係しているという事実は傷心に浸らせる。

 
5日の「2次民衆総決起集会」でも同じことが生じるかもしれないという心配には根拠が十分だった。デモ参加者や当局者は決して退く状況ではなかったからだ。警察がソウル広場で開かれる行事を禁止すると明らかにした時、より激烈な街頭「戦闘」が予想された。

称賛に値するすることが生じた。まずソウル行政裁が3日、民衆総決起デモ禁止決定を覆した。正しい理由で出された正しい判断だった。集会の自由を勘案すれば、デモ禁止は最後の手段でなければればいけないと、ソウル行政裁は判断した。

2つ目の称賛の対象はデモ参加者と警察だ。5日はともに自制力を発揮した。警察も今回はバスで道路を閉鎖しなかった。

デモ参加者が覆面問題に対して機転を利かせたのも良い信号だった。朴槿恵(パク・クネ)大統領と金武星(キム・ムソン)セヌリ党代表は意見が常に一致するわけではないが、今回は違った。セヌリ党代表は先月、次のように驚くほど暴力的な言葉を使った。「全世界が覆面の後ろに隠れたイスラム国(IS)の剔抉に乗り出したように、我々も覆面の後ろに隠れた違法デモを剔抉し、無法天下の悪循環の断ち切らなければいけない」。 「剔抉」は疑問を生む表現だ。

土曜日、多くのデモ参加者が仮面を着用した。一部は機転を利かせてタルチュム(仮面劇)に使われる仮面をかぶった。タルチュムとは何か。悪い統治者と偽善者を風刺する韓国の伝統的なダンスドラマではないのか。ユーモアは暴力より有効な武器だ。今後、デモ参加者が11月14日でなく12月5日からインスピレーションを引き出すことを我々は希望しよう。


【外から見る韓国】妥協でみんなが勝者になった韓国に拍手(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP