주요 기사 바로가기

韓国、国連人権理事会の議長国に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.08 08:16
0
韓国が国連人権理事会の議長国に選出された。

7日午後(現地時間)にスイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会組織会議で理事国が韓国を2016年の議長国に選定したと、外交部は明らかにした。任期は1年で、崔京林(チェ・ギョンリム)駐ジュネーブ大使が専任で議長職を遂行する。外交部は「政府樹立以降、初めて韓国が人権関連機構の議長職を引き受けることになった」と述べた。

国連人権理事会は2006年に設立された。韓国は2006-2008年、2008-2011年、2013-2015年に理事国となった。今年10月には2016-2018年任期の理事国選挙で再選した。

人権理事会の議長国は5つの地域グループ(中南米、東欧、アフリカ、西欧、アジア・太平洋地域)が順に務める。来年がアジア・太平洋地域の番だ。外交部の当局者は「同じアジア太平洋地域で競合する国が1つあったが、2国間の協議を通じて今回は韓国がすることを決め、投票なくすべての理事国の支持を受けた」と伝えた。

人権理事会の議長の役割は、理事国47カ国を含む国連加盟国と市民団体が参加する人権理事会を主宰することだ。

ハイライトは毎年3月ごろ開催される高位級会議。特別手続き(Special Procedure)を進めるのも議長の任務だ。人権状況が劣悪な国の実状を把握し、必要な勧告をする。北朝鮮とシリアが対象国だ。2010年から任務を遂行したマルズキ・ダルスマン国連北朝鮮人権特別報告官、イ・ヤンヒ・ミャンマー人権特別報告官は特別手続きを通じて任命された。

人権理事会は毎年、特定国または分野の人権状況に対する決議案も出す。昨年報告書を通じて北朝鮮人権状況を国際刑事裁判所(ICC)に付託することを勧告した北朝鮮人権調査委(COI)は、国連人権理事会の決議で誕生した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP