주요 기사 바로가기

「朝鮮通信使」世界遺産登録へ韓日で共同推進

ⓒ 中央日報日本語版2015.12.07 10:39
0
韓日間の善隣友好の象徴である「朝鮮通信使」が、ユネスコ世界記録遺産に登録申請される。

7日、釜山市(プサンシ)と釜山文化財団によれば8日、海雲台(ヘウンデ)のヌリマルで「朝鮮通信使ユネスコ世界記録遺産の韓日共同登録推進経過報告会」が開かれる。韓日両国推進委員会は世界記録遺産の登録申請に先立ち来年1月末、日本の対馬で共同登録調印式を行って3月中に登録申請書をユネスコに出す予定だ。

登録の有無はユネスコの最終実態調査と審議を経て2017年7月頃に決定される。

これに先立ち2日に開かれた「朝鮮通信使UNESCO世界記録遺産第9回韓日共同学術会議」では、作成中の登録申請書(案)を協議して登録目録および件数などについて暫定的に合意した。

朝鮮通信使は2012年5月、釜山文化財団が日本側にユネスコ世界記録遺産共同登録を提案した後、民間協議などを経て2014年6月にユネスコ共同登録推進委員会を発足させて業務協議と学術会議などを持続的に推進してきた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP