주요 기사 바로가기

民主労総委員長の曹渓寺退去期限せまる、警察は脱出に備え700人配置=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.12.06 12:05
0
全国民主労働組合総連盟(民主労総)のハン・サンギュン委員長が先月16日から潜伏しているソウルの曹渓寺(チョゲサ)には5日夜遅くまで緊張感が漂った。曹渓寺側と退去を約束した期限の6日が迫りハン委員長が秘密裏に脱出するのを防ぐため警察は700人余りの兵力で曹渓寺周辺を統制した。警察は先月14日に開かれた第1次民衆総決起集会を主導したハン委員長を必ず逮捕するという意志を見せた。仏教団体などが懸念した警察の曹渓寺進入はなかった。代わりに4日深夜0時から曹渓寺側の同意を受け成人男性の出入りを禁止した。

5日午後2時には一柱門前で正しい仏教在家会のウ・ヒジョン常任代表ら5団体の代表と会員らが「曹渓寺はハン委員長を保護し続けるべき」と促した。仏が「避身した命を投げ出すな」と話したように曹渓寺もそうすべきだと明らかにした。静寂と緊張感が流れた曹渓寺ではハン委員長を追い出せという一部信徒の声も聞かれた。曹渓寺女性信徒というイ・ヘオクさん(62)は「労働者を代弁するには勇敢で堂々としているべきなのに卑怯だ。隠れずに出て行くべき」と要求した。

警察とハン委員長の追いつ追われつの戦いは6月から始まった。ハン委員長は4月18日のセウォル号1周忌追慕集会と5月のメーデー集会の際に一般交通妨害容疑で警察の捜査線上に上がった。保守団体などの告発も続いた。ハン委員長は調査要求に応じず、警察は6月初めに裁判所から逮捕令状の発給を受けた。

ハン委員長は1次民衆総決起集会の際に警察の追跡を避け光化門(クァンファムン)に姿を表わした。警察はハン委員長を捕まえるために兵力を出動させたが彼は集会を主導した後悠々と姿を消した。2日後に曹渓寺に現れたハン委員長は和諍委員会に助けを求めた。ハン委員長の突然の逃避に曹渓寺信徒会は先月30日に曹渓寺を離れるよう要求した。ハン委員長は第2次集会が終わった翌日の6日に離れると話した。

5日の集会で主宰側はハン委員長のビデオメッセージを公開した。5分ほどの映像での発言を通じ、「やむをえず映像であいさつする」として曹渓寺から出て集会に直接出ることができないことを知らせた。彼は「暴力的公権力に断固対応しなければならない。(政府が)脅迫すれば嘲弄しよう。時には花が武器になることもあることを見せよう」と主張した。

彼は自身が逃亡者になった状況に対して「政権の標的になり身動きできる幅が狭い。この時代が私に与えた責任を全うしたい」とも話した。ハン委員長は集会が終わるまで曹渓寺でも姿を見せなかった。検察関係者は「集会に集まった視線が多いだけに第1次集会の時のように公権力を嘲弄する行動を自制したとみられる。要求していた平和的集会が警察の公権力投入なく進められただけにハン委員長が自ら出てくると期待する」と話した。

ハン委員長は5日夕方、自身のフェイスブックを通じ19日の民主労総のゼネストを予告しただけで、この日午後11時までに自主的に出頭するかどうかなど自身の去就に対する立場を明らかにしなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP