주요 기사 바로가기

健康気遣う男性たち…男女期待寿命格差8.4年→ 6.5年=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.04 13:54
0
政府高位公職者パクさん(51)は2年前に手首に着けるウェラブル機器を購入した。機器はスマートフォンと連係して心臓拍動数と睡眠状態、1日の歩数を記録する。週末まで政府行事が続く窮屈な日程だが、パクさんはこの機器を見ながら暇あるごとに健康状態を気遣う。歩数が不足すれば短い距離は歩いたり週末に登山しに行く形だ。パクさんは「40~50代になると周りに糖尿やがんと診断される人が出てくる」とし、「家族歴に高血圧もあるため酒も減らし常に健康を維持する」と話した。

男性が先端機器を活用して健康を維持したり飲酒習慣を変えることで男女間期待寿命の差も減っている。3日、統計庁が発表した「2014年生命表」によれば男女間期待寿命の差は1985年に8.4年で最大だったが2004年の6.8年から昨年6.5年と格差が減っている。韓国統計庁のイ・ジヨン人口動向課長は「死亡原因にともなう統計で男性の肝臓と関連した死亡率が大きく減ったのが男女間格差を縮小した原因」と話す。男性の肝臓がん死亡率は2004年に4.1%だったが、2014年に3.9%と低くなった。反面、女性は2004年と2014年ともに1.7%で変わっていない。肝疾患死亡確率も男性は2004年3.1%から2014年1.9%に減ったが女性は同期間0.2%ポイント下落に留まった。高麗大学のキム・ドンシク肝胆膵外科教授は「80年代から肝炎予防接種が始まったうえに酒のグラスを回して飲む文化が衰退したのも男女間格差を減らすのに影響を与えた」と話した。

男女間期待寿命の差は経済協力開発機構(OECD)の平均である5.2年と比較すれば依然として高いほうだ。反面、男女別期待寿命はOECD平均より男性は1.2年、女性は2.4年長い。男性の期待寿命が最も高い国家はスイス(80.7年)、女性は日本(86.6年)だ。

性・年齢別期待余命を見れば60歳の男性は今後さらに22.4年、女性は27.4年を生きると予想される。10年前は男性19.2年、女性23.8年だったのと比較するとそれぞれ3.2年、3.5年増えた。寿命は増えたが男性は14.1年を、女性は19.6年を病気の状態で過ごさなければならない。有病期間を除いて元気な状態で過ごす期間は男性64.9年、女性65.9年だ。女性が男性より6.5年長く生きるが健康に生きることができる期間は1年長いだけだ。

現在の原因別死亡水準が維持されると仮定すれば2014年の出生児はがんで死亡する確率が男性は28.4%、女性は16.9%となる。依然として3大死亡原因である、がん・心臓・脳血管疾患のうち最も高い比重を占めた。2004年に比べ脳血管疾患による死亡確率は減少したが、がん・心臓疾患は増加した。市・道別期待寿命はソウル(83.6年)と京畿(キョンギ、82.9年)が最も高くて、蔚山(ウルサン、81.3年)と江原(カンウォン、81.4年)が最も低かった。イ・ジヨン課長は「所得水準がより高く、医療施設が集中した地域の期待寿命が高く現れた」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    健康気遣う男性たち…男女期待寿命格差8.4年→ 6.5年=韓国

    2015.12.04 13:54
    뉴스 메뉴 보기
    自ら健康を維持して飲酒を減らす男性が増え、男女間期待寿命差が縮まっている。この差は1985年に8.4年で最大だったが2004年の6.8年から昨年6.5年に減った。(写真=中央フォト)
    TOP