주요 기사 바로가기

<サッカー>興行不振のKリーグ、変化に成功したJリーグ(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.03 14:29
0
中央日報は昨年11月、4大プロスポーツ(野球・サッカー・バスケットボール・バレーボール)関係者100人を対象にスプリットシステムに対するアンケート調査を行った。「現行のシステムを維持しよう」という回答は25人にすぎなかった。なんと72人が「単一リーグ」または「単一リーグ+プレーオフ」に方式を変えるべきだと答えた。しかしプロサッカー連盟(総裁=権五甲)は動かなかった。

韓国が足踏みする間、日本のJリーグが先に変化した。従来の単一リーグの代わりに今季から「2ステージ制+ポストシーズン」方式を採択した。前期・後期の優勝チームと統合勝ち点上位チームがプロ野球のように階段式ポストシーズンを通じて統合優勝チームを決める。日本サッカーファンの96%の反対を押し切ってJリーグがプレーオフを導入したのは生存のためだ。「Jリーグ平均観客数が停滞し、観客の平均年齢が上がっている」という調査結果が出た後、Jリーグは決断を下した。

Jリーグの村井満チェアマンは「新しい制度は前・後期の優勝とプレーオフ優勝、統合優勝まで多様なチャンピオンを誕生させ、見どころを増やすのが目標」とし「単一リーグでチャンピオンを決める従来の方式では観客を増やすのに限界があった。メディアへの露出機会を拡大し、忠誠度が高いファンだけでなく、気軽にサッカー場を訪れるファンの注目を引くことが重要だ」と述べた。

Jリーグの挑戦は成功的だ。今季Jリーグ(1-3部)のリーグ観客数は計917万8812人と、初めて900万人を超えた。このうちJ1(1部リーグ)は544万7602人と、1試合あたり1万7803人だった。ナビスコカップ(リーグカップ)まで含めると987万人となり、プレーオフ日程を終えれば1000万人を超える見込みだ。

スプリットシステムが導入された後、メディアはこの制度を何度も説明したが、多くの人々は進行方式も正確に知らない。市販から4年が過ぎても消費者が作動原理さえ理解できない製品がヒットする可能性はどれほどあるだろうか。遅くなるほどファンは遠ざかる。

ソン・ジフン文化スポーツ部門
<サッカー>興行不振のKリーグ、変化に成功したJリーグ(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP