주요 기사 바로가기

<野球>「ビッグボーイ」李大浩、今年も練炭配達…10年目

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.11.27 16:18
0
「ビッグボーイ」の練炭配達は今年も続く。いつのまにか10年目、冬になると練炭を持って高齢者の家庭に運ぶ。

李大浩(イ・デホ、33、ソフトバンク)は28日、釜山峨嵋洞(アミドン)でファンクラブと一緒にする「愛の練炭配達行事」を開く。2006年の冬から始めた配達は一度も休まず10年間続いている。今回も李大浩が私費で練炭約2万個を購入し、うち5000個をファンクラブと一緒に運ぶ。

李大浩は今季、特に忙しかった。シーズンはもちろん、日本シリーズ、プレミア12まで参加した。一年くらいは行事を抜けてもやむを得ない状況だ。1、2時間だけ練炭を運んで終えるのも方法だ。しかし李大浩は今回もあえて午前9時から午後6時まで配達時間を満たす。

練炭配達は1997年に亡くなった祖母を思いながら始めた。李大浩と兄のイ・チャホさんは3歳の時から祖母に育てられた。祖母は釜山の市場の隅で味噌とキムチを売りながら孫2人を育てた。韓国と日本のプロ野球の4番打者に成長した李大浩は大きな富を築いた。体が疲労していても配達を欠かさない理由だ。

李大浩は「祖母は一生苦労して亡くなった。プロチームに指名されるのも見ることができず、いつも心が痛む。練炭の配達をしていると、一人で暮らす高齢者をよく見る。天国にいる祖母を思い出す」と話した。

行事関係者は「李大浩が今回も最も傾斜が大きい不便な地域を選択した。一人暮らしの高齢者が寒い冬を過ごすのに練炭は重要な燃料だ。価格はともかく配達を続けることを重視している」と伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>「ビッグボーイ」李大浩、今年も練炭配達…10年目

    2015.11.27 16:18
    뉴스 메뉴 보기
    李大浩(イ・デホ、33)
    TOP