주요 기사 바로가기

ロシア「トルコ、計画された挑発」シリアに地対空ミサイル配備(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.26 08:58
0
24日、トルコによるロシア戦闘爆撃機の撃墜事件で世界は再び冷戦時代に戻ったようだ。

半世紀ぶりに北大西洋条約機構(NATO)加盟国によるロシア戦闘爆撃機の撃墜で、トルコとロシアの関係が行き詰った。一時イスラム国(IS)に対抗した連合戦線議論まで出てきた西側とロシア間の気流も凍りついた。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は25日(現地時間)、モスクワで開かれた記者会見で「トルコのロシア戦闘爆撃機の撃墜は計画された挑発」と糾弾した。ラブロフ外相は「トルコ側の主導で外相同士で電話会談をしたが、トルコ側は弁解しようとした」と話した。この日ロシアは最先端地対空ミサイルS-400をシリアに配備した。ロシア外相が「トルコと戦争するつもりはない」として水位調節をしても、報復措置を暗示する行動をしたことになる。フィナンシャルタイムズは「(シリアの)ラタキア基地から600キロ半径、高度6000メートルまで飛行中の航空機を攻撃できる」として「緊張が高まっている」と評価した。

事前にトルコが警告をしたのかについて双方はするどく対抗している。救助されたロシア副操縦士のコンスタンチン・ムラフチン大尉は25日「トルコ戦闘機から何の事前警告も受けなかった」と明らかにした。これはトルコ国防部が24日「ロシアのスホイ(Su)-24戦闘爆撃機2機がトルコ領空に侵して2機のF-16s戦闘機を出撃させ、5分間に10回の領空侵犯事実を警告したが出て行かず1機を撃墜した」と主張したことと対比される。米国国防省のスティーブ・ウォーレン報道官は「(10回の事前警告をしたというトルコ側の主張は)事実」と述べた。トルコは国連に送った書簡で「2機の戦闘爆撃機がトルコ領空を17秒間侵犯した」とした。

オバマ米大統領は24日、ホワイトハウスで開かれたフランスのオランド大統領との首脳会談後「ロシア戦闘爆撃機がトルコや各国から支持を受けている(シリア)穏健反乱軍を追撃し、トルコ国境に近づいてきたためにこうした問題が生じた」として「万一、ロシアがそのエネルギーをISに注いでいたらそのような摩擦や失敗は起きなかっただろう」と強調した。
ロシア「トルコ、計画された挑発」シリア즂地対空ミサイル配備(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP