주요 기사 바로가기

<プレミア12>李大浩が明らかにした「物静かな」セレモニーの理由

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.11.23 10:07
0
物静かだった勝利セレモニーは、韓国代表チームの野手陣の長兄・鄭根宇(チョン・グンウ、33、ハンファ)と李大浩(イ・デホ、33、ソフトバンク)の「スポーツ精神」から始まった。

プレミア12大会で優勝した韓国代表チームが22日午後、金浦(キンポ)空港経由で故郷に錦を飾った。準決勝戦で宿敵日本に劇的な逆転勝ちをした後、決勝で野球宗主国の米国を大破しこの大会の初代チャンピオンになった。トップ戦力の構築に失敗したまま大会を迎え、拙速な大会運営のせいで負担の多い状況が続いたが、太極戦士はついに優勝をつかんだ。

選手たちが抱いた歓喜と達成感は推測することさえ難しいほどだ。それだけすごいことをやり遂げた。しかし選手たちは勝利が確定した直後の抑制された姿で注目された。日本とのプライド対決を勝利に導いた後には、李大浩が直接出てきて選手たちが整列からするよう誘導し、決勝戦を控えては主将・鄭根宇が「太極旗のセレモニーはないだろう」と宣言した。実際に優勝確定後、選手たちはお互いに祝い合う程度の姿を見せた。

 
鄭根宇と李大浩が深く考えた。帰国場でインタビューに応じた李大浩は「(鄭)根宇と話し合ってみた。セレモニーを自制するのか楽しむのかを悩んだ。しかしほかのチームに配慮した」。李大浩は「勝負の世界では勝つチームもあるが負けるチームもある。過度に喜びをあらわにしていたら私たちのチームが負けた時同じようにされるかもしれないと思い、しなかった」と伝えた。

おかげで韓国チームは試合マナーでも良い印象を残した。実力はもちろんスポーツマンシップまで表わして完ぺきな優勝をやり遂げた。一方、李大浩は今後の去就については言葉を控えた。彼は「ひとまず家族らと時間を過ごして休みたい。その間に考えてみる」と明らかにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <プレミア12>李大浩が明らかにした「物静かな」セレモニーの理由

    2015.11.23 10:07
    뉴스 메뉴 보기
    李大浩(イ・デホ、33、ソフトバンク)
    TOP