주요 기사 바로가기

女優ペ・スジ、映画『桃李花歌』のためにパンソリを習う 「実力伸びた」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.11.19 14:03
0
1/4
18日、ソウル往十里CGVで開かれた映画『桃李花歌』マスコミ試写会に登場した女優のペ・スジ。
女優ペ・スジ(miss Aスジ)が映画のためにパンソリを習っていた裏話を打ち明けた。

ペ・スジは18日午後2時、ソウル往十里(ワンシムニ)CGVで開かれた映画『桃李花歌』(原題、イ・ジョンピル監督)のマスコミ試写会で「ソリを習った期間は厳密に言うと1年ほど。先生のスケジュールもあるし、私のスケジュールもあったので(授業を受けることができない時は)1~2時間やって録音したものを夜昼休まず毎日聞いた。すると本当に身についていくし未熟なところも分かってきた。ずっと聞いていると自然に口ずさむようにもなった。もちろん先生のソリには足元にも及ばないが、以前録音したものを聞くと少しは実力も伸びたと思う。面白かった」と明らかにした。

続いて、ソリを習う前と後の実力差についての演技については「幸い、監督がほとんど時間順に撮影するよう配慮してくれた。実際、序盤は本当に未熟だったのでありのまま一生懸命演じた。(後半に進むにつれて)声も変わってきた。監督に感謝の言葉を申し上げたい」を伝えた。

『桃李花歌』は1867年朝鮮初の女流パンソリ歌手のチン・チェソン(ペ・スジ扮)と彼の師匠で朝鮮初のパンソリ大家のシン・ジェヒョ(リュ・スンリョン扮)の物語を描く。12歳以上観覧可で25日公開。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP