주요 기사 바로가기

「『児童幸福指数』最下位の韓国、親が変わらなければ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.18 08:54
0
「韓国の子供たちの幸福のためには人生の意味から探すべきではないか。『成功』という結果よりも子供自身をそのまま認める努力が必要だ」

ソウル子供財団ビルディングで13日に会ったメグ・ガーディナー国際子供財団連盟事務総長(56)はこのように話した。経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で韓国が「児童幸福指数」最下位圏に属する問題について話した時だった。彼女は20日の「世界子供の日」を前にソウルで開かれた国際子供財団連盟会議(9~12日)に参加するため訪韓した。連盟は2002年韓国の緑の傘子供財団など12カ国の児童NPO(非営利団体)が組織した団体で、毎年5億ドル(約5800億ウォン)以上を世界中の児童支援に使っている。今回の会議では児童保護に対する議論が主に行われた。ガ-ディナー事務総長は「教育のストレスは米国などでも同じように体験する問題だ。ただし、その程度の差が多少あるだけだ」と話した。

7月に事務総長職に就いた彼女は、NPOで専門分野が長年経験を積んできた児童・女性専門家だ。20年間余りにわたりセーブ・ザ・チルドレン、ユニセフなど多様な団体を経てきた。彼女は豊富な経験を基に確固たる持論を持っている。「小さな関心が児童の未来を完全に変えることができる」ということだ。彼女は「数年前タイで売春をしていた13歳の少女に会った。お客さんに使わなければならないという理由で、NPOで英語を習いたいといった。だが英語の勉強ができるようにしたところ人生の意志を取り戻し、職業訓練を経て売春から抜け出すことができた」と話した。

ガ-ディナー総長は、親は子供とともに成長する存在だと説明した。「子供は、教えて指導すべき対象ではない。子供を自ら変わる主体と認めなければならない」。

彼女は幼児期が特に重要だと語った。0~3歳に脳が活発に発達するだけに栄養素の供給や教育もこの時期から行われるべきだという意味だ。「もし大学1つを作るか幼児教育機関30カ所を作るか尋ねるならば後者を選ぶ。基礎が丈夫であってこそ、その社会が発展できる」。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「『児童幸福指数』最下位の韓国、親が変わらなければ」

    2015.11.18 08:54
    뉴스 메뉴 보기
    メグ・ガーディナー国際子供財団連盟事務総長(56)
    TOP