주요 기사 바로가기

<ロッテ経営権紛争>辛格浩会長「1週間以内に私と兄を復職させろ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.17 15:31
0
辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)ロッテグループ総括会長が94歳の誕生日の席で、辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)ロッテ会長(60)に「原状復帰」を指示したという主張が提起された。

辛東彬会長と経営権紛争中の辛東主(シン・ドンジュ、重光宏之)前ロッテホールディングス副会長(61)は「父の辛格浩総括会長が誕生日の15日、家族が集まった席で、辛東彬会長にその間の状況について追及し、返答を要求した」とし、17日の「家族対話」を公開した。

辛東主前副会長によると、辛格浩総括会長は15日午後、初子夫人、長男の辛東主前副会長夫婦が同席した中、辛東彬会長に「取締役会を勝手に動かして私をやめさせようとしたのは本当か」と尋ねると、辛東彬会長は「申し訳ありません。本当に申し訳ありません」と答えた。

続いて辛格浩総括会長が「1週間の時間を与えるから私と兄(辛東主)を元の位置に戻しなさい」と要求し、辛東彬会長は「そうする」と答えたという。しかし辛格浩総括会長が確認覚書を受けようとすると、辛東彬会長は「私はサインしたくない」と述べた後、午後5時15分に執務室を出て行ったと、辛東主前副会長は伝えた。

辛東彬会長は7月27日、辛東主前副会長が辛格浩総括会長とともに日本ロッテホールディングスに行き、自分を口頭で解任すると、翌日に緊急取締役会を開き、辛格浩総括会長をロッテホールディングス代表取締役会長から解任し、名誉会長に選任した。

辛東主前副会長は「辛東彬会長に対する辛格浩総括会長の怒りがあまりにも強く、本人がこの事実を多くの人々に知らせることを望んだ」とし、対話内容公開の背景を説明した。辛東主副会長側の関係者は「辛東彬会長が口頭ではっきりと同意しただけに、その言葉を守らなければならないだろう」と述べた。

これに対しロッテグループは「数人の家族だけが同席した席だったため、事実を確認するのは難しい」とし「何よりも人事に関連することは取締役会と株主総会の決定事項」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP