주요 기사 바로가기

デモ隊と警察が都心で衝突=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.16 11:35
0
14日の「民衆総決起」集会は朴槿恵(パク・クネ)政権に入って最悪の物理的衝突だった。集会参加者が高圧放水を受けて意識不明となり、警察約100人がけがをした。今回の集会は全国民主労働組合総連盟(民主労総)など53団体、6万4000人(警察推算、団体側推算13万人)が参加し、2008年の米国産牛肉輸入反対集会以来の最大規模となった。

この日午後4時、民衆総決起闘争本部はソウル広場で記者会見を開き、セウォル号真相究明や歴史教科書国定化撤廃などを要求した。これに先立ち逮捕令状が発布されたハン・サンギュン民主労総委員長が姿を現し、警察が検挙に動いたが失敗した。記者会見の後、集会参加者は青瓦台(チョンワデ、大統領府)側に行進して光化門(クァンファムン)広場に入ろうとし、これを阻止する警察と衝突した。当初、「デモ隊の青瓦台進出の動きなどに対応するために『必要なレベル』で車の壁を設置する」と話していた警察は約2万2000人の警察力と警察バス700台・トラック20台を動員し、光化門広場一帯を封鎖した。

警察は広場と接する世宗路(セジョンノ)の交差点に車両を並べてデモ隊の進入を防いだ。警察バスには油が塗られていた。しかし午後4時50分ごろから一部の過激デモ隊が鉄パイプやはしごなどで警察バスの窓を割ったり、車輪や窓の枠にロープを結んで車両を引いたりし、警察車の周囲で激しい衝突が続いた。一部は新聞紙に火をつけ、警察バスの注油口の中に入れようとしたが、警察が阻止した。

警察も対応レベルを高めた。接近するデモ隊に向かってカプサイシンと消火器をかけ、放水車を動員してカプサイシンを混ぜた放水砲で解散作戦に入った。午後7時ごろ、全羅南道宝城(ポソン)農民会所属のペク・ナムギさん(68)が3メートルの距離から警察の放水砲を受けて倒れた。脳出血の症状が見られたペクさんは病院に運ばれて手術を受けたが、15日午後まで意識を回復していない。集会は14日午後11時ごろ終了した。

警察は参加者のうち柳時敏(ユ・シミン)元保健福祉部長官の大学生の娘(25)ら51人を公務執行妨害など容疑で検挙した。闘争本部側は15日、ペクさんが入院中のソウル鍾路区ソウル大病院の救急室で記者会見を行い、警察の「過剰鎮圧」を批判し、朴槿恵大統領の謝罪と姜信明(カン・シンミョン)警察庁長官の懲戒を要求した。闘争本部側は「ペクさんら集会参加者29人が負傷した」と明らかにした。警察側では警察官や機動警察など計113人が負傷した。このうち1人は右手首に大けがを負った。

政界の反応は分かれた。野党・新政治民主連合の李鍾杰(イ・ジョンゴル)院内代表は姜信明警察庁長官に電話をかけて「警察が過剰鎮圧をした」と抗議した。この日、ペク氏が入院中のソウル大病院を訪れた文在寅(ムン・ジェイン)代表は「厳重に真相を究明し、警察責任者に対する問責も行われなければいけない」と述べた。一方、与党セヌリ党の李荘雨(イ・ジャンウ)報道官は「法を破ったり国民に被害を与える過激暴力集会はその責任を厳重に問うべきだ」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP