주요 기사 바로가기

賭博捜査、1カ月間進展なし…身動き取れないサムスン球団(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.13 15:54
0
プロ野球団は毎年11月末には来季の戦力構成を終える。今年は18日に自由契約選手(FA)名簿が公示され、27日には2次ドラフト(他チーム保護選手40人以外の選手を最大3人選ぶ)を実施する。球団は保留選手(年俸契約対象63人)を決め、30日に公示する。保留選手名簿から外れれば選手の資格を失う。11月は球団が来年度事業計画書を作成する時期でもある。しかし今年リーグ優勝したサムスン・ライオンズの業務はまひ状態だ。「マカオ遠征賭博」波紋のためだ。

サムスン球団は賭博に関与した選手3人を来年の戦力に含めるべきかどうか悩んでいる。サムスン・ライオンズ球団のアン・ヒョンホ団長は「一部の選手が賭博容疑で社会的に物議をかもしたことについて謝罪する。容疑が立証されれば該当選手を一罰百戒する。捜査結果に注目している」と述べた。

しかし警察の捜査は進んでいない。先月26日にソウル地方警察庁広域捜査隊は「韓国シリーズの後に該当選手を呼んで調査する」と明らかにした。ところが韓国シリーズが終わって2週間ほど経過したが、召喚調査は行われていない。サムスンは断固たる懲戒意志を見せること以外にできることはない。

一部のサムスン選手の違法賭博疑惑が初めて報道されたのが先月15日だった。数億ウォンの賭け金が行き来したうえ、暴力団までが関与したという報道は大きな社会的波紋を起こした。サムスン・ライオンズのキム・イン社長は5日後に記者会見を開き、「疑惑がある選手3人を韓国シリーズのメンバーから除外する。容疑が明らかになれば内規に基づいて懲戒する」と述べた。「賭博波紋」第1ラウンドはこのように終わった。

当時、キム社長は賭博容疑を受ける3人の名前を明らかにしなかった。結局、韓国シリーズのエントリーを提出する際、林昌勇(イム・チャンヨン、39、救援1位)、安志晩(アン・ジマン、32、ホールド1位)、尹盛桓(ユン・ソンファン、34、勝利数3位)であることが分かった。林昌勇は警察捜査線上にいなかったが、一部の報道で疑惑が提起されただけで韓国シリーズのエントリーから外された。中心投手3人が抜けたサムスンは斗山に完敗した。
賭博捜査、1カ月間進展なし…身動き取ないサムスン球団(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP