주요 기사 바로가기

フィリピン「拉致産業」知能化…警官服を来て「一緒に行こう」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.10 15:12
0
フィリピンの韓国人社会が深刻だ。すでに10人目だ。先月31日、ホンさん(74)が拉致事件から10カ月ぶりに遺体で発見され、フィリピンで犯罪の犠牲になった韓国人は10人に増えた。インターネットの現地韓国人コミュニティーでは「もうフィリピンを離れなければ」という声も出ている。

気の毒な事件は一つや二つでない。昨年3月3日には留学生拉致・殺害事件があった。20代の女子大生がマニラのパサイ地域へ友人に会いに行った。パサイ地域はマニラ国際空港が位置し、ホテルと遊興地域が多い町だ。

路上でタクシーに乗ったが、拉致犯が乗っていた。拉致犯はその日午後9時、女子大生の友人に文字メッセージを送り、2億ウォン(約2100万円)以上の身代金を要求した。拉致犯は2日間に10回ほど電話をかけてきた。女子大生はまだ生きていると言って通話もさせた。

拉致犯から連絡が途絶えたのは3日後の3月5日だった。この日晩、マニラ北部で犯行に使われたと推定されるタクシーが発見された。タクシーの外に拉致犯と見られる1人が銃傷を負って死亡していた。拉致犯はそれから5日後の10日、文字メッセージでまた連絡をしてきた。女子大生は4月9日、犯人のアジトで遺体で発見された。

フィリピンに長く暮らしている韓国人はタクシーをあまり利用しない。タクシーに乗ることがあればホテルや事務室でコールタクシーを呼ぶ。乗る必要がある場合は模範タクシーを利用する。

拉致から10カ月後に病気で死亡したと推定されるホンさんの事件も気の毒なのは同じだ。ホンさんは1月、南部ミンダナオ島サンボアンガ地域の息子の家を訪問して拉致された。サンボアンガは拉致組織「アブサヤフ」が活動するスルー州付近だ。スルー州は「拉致の首都」と呼ばれる。フィリピンメディアABCの表現によると「ミンダナオで発生する拉致の終わりはスルー州。これがパターン」という。ホンさんが拘束されたところもスルー州だった。

アブサヤフの活動範囲は想像以上だ。昨年4月にマレーシアのボルネオ島サバ州まで行って中国人観光客を拉致したというニュースがあった。海外メディアはフィリピンの拉致を産業(industry)と呼ぶ。昨年10月にミンダナオ南側スルー州で拉致されて解放されたドイツ人2人は身代金として2億5000万ペソ(約64億ウォン)を支払ったという。
フィリピン「拉致産業」知能化…警官服を来て「一緒に行こう」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP