주요 기사 바로가기

韓国7-9月期の輸出入決済通貨、人民元の比率が過去最高に

ⓒ 中央日報日本語版2015.10.28 17:22
0
ことし7-9月期の韓国輸出入代金決済において、米ドルと日本円の比率が減少した半面、中国人民元は増加して過去最高値を記録した。

韓国銀行が28日に集計した資料「7-9月期中の決済通貨別輸出入」によると、7-9月期の輸出決済代金のうち、ドル比率は86.1%と、4-6月期に比べて0.1%ポイント減少した。円比率も2.7%で、4-6月期に比べて0.2%ポイント減少して過去最低だった1-3月期と同じ水準を記録した。

半面、人民元の決済比率は1.2%で4-6月期よりも0.3%ポイント上昇して過去最高値を記録したほか、韓国ウォン決済比率も2.5%で、4-6月期より0.1%ポイント高まった。ユーロは5.1%で横ばいだった。

ただ、人民元の決済比率が急速に増加している。それでもまだ円やユーロなど他の国際通貨に比べるとその比率はまだ少ない。韓国が欧州連合(EU)や日本との貿易で該当国家の通貨で決済する比率はほぼ半分に達する。

一方、全体貿易でドルが占める比率は輸出で86.1%、輸入で81.8%であることが明らかになった。ユーロは5.1%と6.5%、日本円は2.7%と5.3%をそれぞれ記録した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP