주요 기사 바로가기

韓日財界、IoT協力・通貨スワップ再開案を議論

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.27 11:40
0
韓国と日本の経済界が両国間通貨スワップ再開など経済協力が必要だということで同意を集めた。来月初めにソウルでの開催が議論中の韓日首脳会談にも歓迎の意を示した。

全国経済人連合会は26日、東京で日本の経団連と「第25回韓日財界会議」を開いて両国の経済と政治・外交関係改善のために協力していくことで合意した。

今回の会議に韓国側からは許昌秀(ホ・チャンス)全経連会長をはじめ辛東彬(シン・ドンビン)ロッテグループ会長、朴三求(パク・サムグ)錦湖(クムホ)アシアナグループ会長、キム・ユン三養(サムヤン)ホールディングス会長、朴英珠(パク・ヨンジュ)利建(イゴン)産業会長、柳津(リュ・ジン)豊山(プンサン)会長、李承哲(イ・スンチョル)全経連副会長ら16人が参加した。日本側からは榊原定征経団連会長、内山田竹志トヨタ会長、岩沙弘道三井不動産会長ら22人が同席した。

許会長は開会の辞で「今年は韓日国交正常化50周年だが、両国間の経済協力関係に対する憂慮の声が大きくなっている」として「こんな時ほど経済界が乗り出して協力の雰囲気を拡大しなければならない」と強調した。2団体はこの日の会議で今年2月に終了した韓日通貨スワップを再開する案を議論した。米国の金利引き上げの可能性などでアジア地域の金融協力の必要性が大きくなったということに共感した。また韓日青年人材交流を拡大するために協力していくことにした。

韓日の交易が2011年以降減少している状況などを考慮すると韓日中自由貿易協定(FTA)と東アジア包括的経済連携(RCEP)の早急な締結が必要だということでも同意を集めた。韓国の環太平洋経済連携協定(TPP)加入が韓日両国の経済協力に役立つということでも認識を共にした。このほかに両国経済界は情報通信、モノインターネット(IoT)、健康・医療など未来成長分野で協力することにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓日財界、IoT協力・通貨スワップ再開案を議論

    2015.10.27 11:40
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の全国経済人連合会と日本の経団連は26日、東京経団連会館で「第25回韓日財界会議」を開いた。韓国側からは許昌秀(ホ・チャンス)全経連会長ら経済界の代表者16人、日本側からは榊原定征経団連会長ら22人が参加した。(写真=全経連提供)
    TOP