주요 기사 바로가기

【社説】中国などの激しい挑戦を受ける韓国半導体産業

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.24 13:52
0
韓国半導体産業がまた退けない全面戦争に直面している。韓国半導体は過去10年間ほど平穏に世界市場で寡占的な地位を享受してきた。今でも世界メモリー半導体市場の70%以上を韓国企業が占有している。しかし最近は中国やインテルなど新しいプレーヤーの組織的かつ激しい挑戦が生じている。

最も大きな挑戦は中国だ。中国はう回投資を通じて米国NAND型フラッシュメモリー企業サンディスクを190億ドルで引き受けることにしたと発表した。買収の主体は米ハードディスク(HDD)製造企業のウェスタンデジタルだが、先月末に中国清華紫光集団(チンファユニグループ)の子会社が大株主になった企業だ。2010年から半導体崛起を標ぼうしてきた中国は、チンファユニグループを前面に出して世界3位メモリー企業マイクロンの買収を提案したが、米国政府が承認せず挫折したことがある。中国は年間、原油より多い2300億ドル分の半導体を輸入する。こうした強大な購買パワーを前面に出し、絶えず半導体参入を狙っている。今回の執拗なう回合併も米国政府が承認するかどうか眺めなければならないが、中国がメモリー市場に参入すれば世界半導体市場の地殻変動は避けられない。

これに先立ち今年7月にはインテルがマイクロンと提携し、DRAMとNAND型フラッシュメモリーの長所を合わせたという「3Dクロスポイント」でメモリー市場進出を発表した。生産工場は中国大連に建設することにした。中国のメモリー参入が中長期的な脅威なら、インテルのメモリー帰還は目の前の脅威要因だ。インテルはメモリー最大消費国の米国と中国を一つにまとめる戦略を駆使している。

世界半導体市場は激動期に入った。現状況に安住していれば、韓国はほとんど唯一残った世界1位産業までも明け渡すことになりかねない。しかし国内事情はそれほど良くない。独歩的1位企業が存在し、半導体産業研究開発分野は政府の政策にむしろ背を向けられている。大学から半導体分野の修・博士輩出も徐々に減り、人材確保が難しくなるなど生態系自体が揺れている。サムスン電子の関係者は「現在最も大きな懸案は生産現場問題」と話す。白血病発病論争で半導体が有害化学産業というイメージが広がり、勤労者と人材から排斥される一方、平沢(ピョンテク)工場建設をめぐり地域対策委員会の各種要求に対応するのに追われているという。

半導体産業は一度遅れを取ると永遠に競争から脱落する。世界トップ半導体企業も市場への対応に遅れて没落するという歴史が繰り返されてきた。今からでも揺れる半導体生態系を復元し、一貫性のある技術開発と変化する市場への迅速な対処で世界市場競争力を守ることに、企業と政府、そして社会が力を合わせなければいけない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP