주요 기사 바로가기

イルマの音楽に魅了され、ハングルまで習うことになりました

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.22 13:26
0
「どんな文芸コンテストのテーマが出てくるのかすでに気になります。難しくなければいいですね」(フリスティナ・ドセフェーバ、ブルガリアのソフィア大学3年、女性)。

20日午前9時(現地時間)、オーストリアのウィーンにある韓国人文化会館の講堂。窓の向こう側には美しい湖が穏やかに広がっているこの場所に、欧州地域15カ国の大学生35人(男性4人、女性31人)が集まった。成均館(ソンギュングァン)大学が主催した「第2回の中東欧州成均ハングル文芸コンテスト行事」に参加した学生たちだ。彼らの公用語は韓国語だった。初めて会った学生たちの間でも韓国語で挨拶を交わし会話していた。主に韓国学を専攻したり韓国に関心を持ったりして言葉や作文を勉強してきたからだ。

巻き物が広げられ文芸コンテストのテーマが公開された。「遺産」だった。今回の行事の委員長をつとめた成均館大のソン・ジェホ教授(法学)の説明が続いた。「子孫に引き継ぐ多様な資産からオーストリアのシェーンブルン宮殿のような人類文化遺産まで、率直で自然な自身の考えを表現すれば良いです」。

鉛筆と消しゴム、500字の原稿用紙5枚を受け取った学生たちが真剣な表情で文を書いていった。静かな試験場は、原稿用紙の上に鉛筆をすべらせる音で満たされた。

ハンナ・プマラ(フィンランドのヘルシンキ大4年、女性)は、概要から几帳面に作成しておいて原稿用紙にハングルを書いた。ディラン・バシャク(トルコのアンカラ大4年、女性)は先に書いておいた文が気に入らないのか、消しゴムで消しながら集中して文を書き写し始めた。「何分残っているのですか?」。試験終了時刻が近づくと、学生が手をあげて尋ねていた。試験終了を知らせる鐘が鳴ると学生たちは物足りなさと期待感の入り混じった表情で試験場を出た。

スロバキアから飛んできたというエリシカ・バシュカバ(コメニウス大4年、女性)は「易しくはなかったが、遺産に関する語彙を最大限たくさん文章に入れた」と話した。ミハイ・レビ(ルーマニアのバベシュボヨイ大3年、男性)は「ピアニストのイルマ(Yiruma)の演奏を聴いて韓国を愛するようになった。来年には必ず韓国を訪れてK-POP、韓国の食べ物など現地で韓流を楽しみたい」と話した。

この日の金・銀・銅賞は全て女子学生が手にした。金賞(大賞)をもらったアルデミル・ジェイネブ(トルコ、アンカラ大4年)は「最も意味ある遺産」という文で審査委員から好評を受けた。「価値がある物質よりも行動・習慣・礼儀のようなものがはるかに遺産として意味がある。遺産は物のようにいつか消えるのではなく、永遠の価値を持ったものだからだ。例えば不公平さが残っている社会で誰かが公平さを守ろうと努力し、これがほかの人々の手本になるならば、それ自体も価値ある遺産になりうる」(アルデミルの文の一部)

アルデミルは中学校時代から『大長今(テジャングム、宮廷女官チャングムの誓い)』『星から来たあなた』などの韓国ドラマにどっぷりはまった後、アンカラの世宗(セジョン)学堂で韓国語を学んできた。現地で韓国語を教える教授になるのが夢だ。銀賞はアンナ・クレベンキナ(モスクワ国立外国語大学4年)、銅賞はニコラ・ホープ(ウィーン大4年)が受賞した。行事後、韓国古典翻訳院は参加学生たちに文学特講やチェギチャギ(羽根のけり遊び)、お手玉遊びなど伝統文化の教育を行った。成均館大のイ・ソクギュ国際処長は「韓国文化やハングルに対する外国の学生たちの関心や熱意が高い」として「海外地域で多様な行事を行っていく」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イルマの音楽に魅了され、ハングルまで習うことになりました

    2015.10.22 13:26
    뉴스 메뉴 보기
    20日オーストリアのウィーンにある韓国人文化会館で開かれた「成均(ソンギュン)ハングル文芸コンテスト」で外国の学生たちが作文をしている。
    TOP