주요 기사 바로가기

【コラム】韓国語の価値(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.12 09:32
0
率直に最近は大学で講義の準備をするのが以前に比べ容易になった。慶熙(キョンヒ)大学回基洞(フェギドン)キャンパスで教えていた時には授業準備と進行を韓国語でやっていたため苦情は並大抵でなかった。もちろん十分にハングルを読んで書くことができるが、31歳の時に習ったため発音が良くなかった。いまでは英語で講義をすることになり討論もさらに活気を帯びる。英語の講義が負担になる一部の学生にはちょっと申し訳ない話だが。

国際大学院の学生たちにもまれ、そのうちの大多数がハングルに対する基礎がほとんどなく、ハングル教材を読めないのは言うまでもなく、ハングルで書かれた資料を利用した研究すら不可能だという事実を知ることになった。大学側では国際大学院の学生なら英語を通じた授業と宿題を当然視するようだ。しかし韓国語の実力が落ちる学生たちは卒業後の就職に大きな困難を経験することになる。これは全面的に韓国語の実力のせいだ。

自分にもそのような時期があった。1990年代に東京大学の大学院で比較文学を勉強していた時、相当水準の日本語の実力を備えようと全科目を日本語で受講し、修士学位論文も日本語で作成した。東京大学に行った時には私の日本語の実力はみすぼらしかった。しかし毎日20~70ページほどの読書量を満たさなければならないため、自然に実力が伸びた。この厳しい試練が日本滞在時に生かじりで日本語を習う大多数の米国人と私の間を分けた。

慶熙大学の外国人学生らは苛酷な韓国語教育を受けることができず大きな被害を受ける。事実国際大学院を卒業するのに高級韓国語が要求されることもない。韓国では外国人学生が韓国語をマスターしたり最小限習わなければならないという期待心理自体がないようだ。

外国人学生が特定用語に該当する韓国語をわからないという理由で韓国人が怒ったのを見たことがない。そのため外国人学生らは韓国語を意欲的に学ぼうとしない。韓国では当然外国人と言えば英語だけ可能で、例えハングルをちょっとできるとしても知れたものと感じるようだ。もし韓国人が外国人は韓国語をうまく駆使すべきでほぼ韓国人水準の文を書くべきだと考えるなら外国人の韓国語の実力も急速に伸びるだろう。

韓国で暮らす外国人は英語を使うのが当然で、また英語を使っても実生活に不便がないという認識が広まっているようだ。しかし韓国の職場生活はまったく異なる状況だ。外国人学生は韓国語がわからなければ韓国での就職は不可能だ。特有の組織文化で生き残ろうとするなら相当水準の韓国語駆使が必須だ。
【コラム】韓国語の価値(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP