주요 기사 바로가기

「長距離ロケットの代わりに閲兵式に集中、よい決定」…金正恩の内心

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.10 11:00
0
待ちに待った日がきた。今日は(労働)党創建70周年だ。閲兵式を行う(平壌金日成広場の)主席壇上では威厳ある姿を見せなければいけない。全世界が私に注目している。南朝鮮の朴槿恵(パク・クネ)大統領、中国の習近平国家主席、太平洋の向こうのオバマ米大統領も朝鮮中央テレビで中継される私の姿を見るだろう。よくない姿を見せることはできない。

今日を待ってきた理由がある。父(金正日総書記)が急逝したのが2011年12月。最初の節目(5年・10年)の党創建記念日だ。私の時代が本格的に開幕したということを対内外に宣伝するのに今日ほど適切な日はない。今までの70年は祖父と父が築いてきたが、これからは私、金正恩が作っていくことを明言する機会だ。

父と私は違う。父は先軍政治をし、国防委員会を中心にすべての重要な決定をした。しかし私は党中央軍事委員会に重心を移した。8月20日深夜に私が招集した会議も「党中央軍事委緊急拡大会議」だった。ここで南朝鮮を相手に「完全武装戦時状態」に入るよう指示した。

党は国家だ。4月25日の人民軍創建83周年と7月の戦勝節(停戦協定締結日)とは違い、今日に力を注いできた理由はここにある。祖父が強調した自主、そして父の先軍を継承し、私が北朝鮮式の社会主義を完成するという決意を今日見せる考えだ。党創建70周年を迎え、住民を相手に人民文化宮殿で開催するよう指示した写真展のタイトルが「偉大な勝利、輝く継承の70年」だ。党宣伝扇動部も「母の党」という表現を使う。妹の金与正(キム・ヨジョン)が副部長としてうまくやっている。平壌(ピョンヤン)体育館で美術展をしながら「母の党に捧げる祈願の絵画」をテーマにしたことも気に入っている。

私を分別がないといって無視した叔母の夫の張成沢(チャン・ソンテク)、私が主宰した会議で人民武力部長だといって居眠りした玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)も処断した。老獪な軍幹部の階級章を外したり付けたりし、今はもう命令が通るようだ。外ではこういう私を見て恐怖政治をするというが、人民は腐敗した軍・政幹部を処罰する私に拍手を送るだろう。私の差別化ポイントは「愛民指導者」だ。隠遁型だった父とは違い、私は女性パイロットと腕を組んで写真も撮り、現地指導で人民に会っても警護員に「取り囲むな」と指示し、明るい笑顔を見せた。

今日を控えて人民に大きな贈り物もした。生活費100%の特別激励金を支給したのは党創建後初めてだ。経済成果と人民生活の向上を強調してきたのと同じ脈絡だ。何といっても人民の腹を満たすのが指導者だ。人民を楽しませる行事も大々的に準備した。南朝鮮で「ガールズグループ」格の牡丹峰(モランボン)楽団も今日から1週間、祝賀公演をする。長距離ロケット(北朝鮮は人工衛星と主張)発射の代わりに閲兵式に集中することにしたのはよかった。2012年4月13日の祖父の誕生日100周年を2日後に控え、海外メディアも呼んだが、光明星3号は空中分解した。8億5000万ドルも惜しまれるが、私の威信も傷ついた。しかし閲兵式は私が心血を注いだ潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)など新武器を思う存分誇示し、私も威厳ある姿で登場する、一挙両得だ。

昨日は中国共産党の劉雲山中央政治局常務委員が到着した。中国の権力序列5位だから、その程度ならよい。習主席が南朝鮮を先に訪問したのは不届きだが、私も来年ごろ北京に行かなければならないはずだ。外務省に命じて米国と平和協定を結ぼうとも言った。私の外交ロールモデルは祖父が主張した「等距離外交」だ。ひとまず8・25合意で南北関係進展のきっかけは作り、10日後には金剛山(クムガンサン)で離散家族再会行事を開く。先月、国家宇宙開発局長と原子力研究院長を通じて核実験とミサイル発射に言及した。今後、米国がどう出てくるのかによってこのカードを活用するだろう。

南北関係はひとまずある程度の流れを作ったため、今は劉雲山と朝中関係を改善し、その後は日本と米国にいく。そうしてこそ私が夢見る金正恩式の社会主義強盛大国が可能だ。このすべての計画の出発が今日の党創建70周年記念日だ。もう閲兵式に出席しなければいけない。妻の李雪主(イ・ソルジュ)も外で待っている。(この記事は金正恩第1書記の視点で構成した記事です)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP