주요 기사 바로가기

習主席が「中朝友誼」祝電 金正恩に手を差し伸べる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.10 09:51
0
中国の習近平国家主席が北朝鮮労働党創建70周年記念日(10日)を翌日に控え、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記に祝電を送った。

中国共産党総書記を兼ねた習主席は9日に送った祝電で「中朝友誼は光栄な伝統がある」とし「朝鮮労働党の不断の発展と中朝友誼の『代代相傳(世代を継ぐこと)』を心から望む」と明らかにした。これに先立ち中国は権力序列5位の劉雲山中央政治局常務委員を団長とする代表団を平壌(ピョンヤン)に派遣した。

中国政府が北朝鮮の労働党創建記念行事に劉常務委員を祝賀使節団として派遣したのに続き、習主席が祝電まで送ったのは異例だと、外交専門家らはみている。習主席は9月9日の北朝鮮政権樹立日と金第1書記の誕生日に祝電を送っている。

新華社通信など中国官営メディアがこの日に公開した習主席の祝電には、以前と比べて朝中間の伝統友誼を強調する表現が多く含まれ、金正恩を評価する内容もあった。習主席は「共産党代表と同時に個人の名義で熱烈に祝う。…近年、金正恩労働党第1書記同志が金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺志を継承し、党と人民を領導し、経済発展や民生改善などの方面で積極的な進展を成し遂げた」とし「我々は北朝鮮の同志とともに努力し、中朝友誼を守り、発展させ、地域および世界の平和の安定に建設的な役割を果たせることを望む」とした。

東国大の高有煥(コ・ユファン)教授(北朝鮮学)は「朝中関係の改善に対する信号と北の挑発を牽制する内容が同時に込められている祝電」とし「中国もこれを契機に北の問題に積極的に介入し、北核問題などを解決しようとしているようだ」と述べた。また「北も中国の支援がなければ厳しいという事実をよく知っているため、両国の利害関係が一致する時点」と説明した。

これを受け朝中両国が今後、首脳会談の手続きを踏んでいくという分析もある。国立外交院のキム・ハングォン教授は「先月9日の北の政権樹立67周年に送った祝電と今回の祝電は金正恩を北朝鮮労働党の前に書いている。これは以前の金日成・金正日時代に見ることができた祝電の形式」とし「金正恩を正統性のある北朝鮮指導者、対話パートナーとして認めるということであり、すぐではないとしても対話局面に向かっていくだろう」と述べた。

政府の関係者は「韓中、米中首脳会談などを通じて中国側に北の問題に影響力を行使することを要請してきたし、中国もこれに共感してきた」とし「カギは北が中国の要求事項を受け入れるかどうか」と述べた。この関係者は「中国が差し出した手を北が握らない場合、結局、制裁強化など圧力に向かうしかない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    習主席が「中朝友誼」祝電 金正恩に手を差し伸べる

    2015.10.10 09:51
    뉴스 메뉴 보기
    習近平国家主席(左)、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記(右)
    TOP