주요 기사 바로가기

「金正恩の男」馬元春の帰還

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.08 13:51
0
「金正恩(キム・ジョンウン)の男」が帰ってきた。粛清説が伝えられていた北朝鮮の馬元春(マ・ウォンチュン)国防委員会設計局長(59)が公式席上に姿を現した。北朝鮮朝鮮中央通信は8日、金正恩第1書記が水害復旧作業を始めている羅先市(ラソンシ)先鋒(ソンボン)地区白鶴洞(ペッカクトン)を現地指導したという便りを伝えながら馬局長も遂行したと報道した。

馬局長は「金正恩の建築ブレーン」で、金第1書記が力を入れている馬息嶺(マシクリョン)スキー場、文殊(ムンス)のプール施設など主要施設物の工事責任者だ。そして、2013年11月、金第1書記と共に白頭山(ペクドゥサン)近隣の三池淵(サムジヨン)を訪れた8人衆の1人で、金正恩時代の代表的なテクノクラートだった。このことから金正恩体制の「新実勢」の1人として注目を浴びていた。

しかし、平壌(ピョンヤン)国際空港(順安空港)新庁舎の工事責任者だった馬局長は、金第1書記の指示を履行しなかったという理由で粛清されたことが伝えられた。今回公開席上に登場したのは昨年11月以降、11カ月ぶりだ。金第1書記の今回の現地指導には馬局長以外に黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長、金基南(キム・ギナム)・金養建(キム・ヤンゴン)・呉秀容(オ・スヨン)党秘書、チョ・ヨンウォン党組織指導部副部長、金与正(キム・ヨジョン)党副部長なども遂行した。

馬局長は平壌建設建材大学(現・平壌建築総合大学)を卒業した後、北朝鮮最高の建築設計機関である「白頭山建築研究院」の建築家として仕事をした。2000年ごろ、労働党財政経理部設計室に招へいされて金正日(キム・ジョンイル)総書記一家の官邸と別荘の設計を引き受けながら金正日父子の信任を受けた。

日本公営放送NHKはことし2月、馬局長が公開席上で3カ月間の姿を見せないため粛清されたとみられると報じた。馬局長が昨年11月1日、金第1書記の平壌国際空港視察当時に登場したのが最後だった。

当時、金第1書記は「世界的な傾向と主体、民族性が活かされるよう作業しろと指示したのにそのようにできなかった」と馬局長を叱責した。その後、馬局長は公開席上から消えた。ことし2月2日に開かれた建設部門評価会議にも建設関連軍政幹部が全員出席したが馬局長はいなかった。

国家情報院がことし5月に公開した、北朝鮮が粛清または処罰した主な幹部名簿にも馬局長が含まれていた。当時、馬局長は両江道(ヤンガンド)地域農場園に配置されたと伝えられた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP