주요 기사 바로가기

フォルクスワーゲンの失速に韓国車と日本車が割引攻勢(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.08 10:24
0
フォルクスワーゲン問題で萎縮するドイツ車業界から市場シェアを奪うため韓国車と日本車の攻勢が始まった。今回問題になったディーゼルエンジンの代わりにガソリン車やハイブリッド自動車モデルを掲げ大規模割引を始めた。

現代(ヒョンデ)自動車は先月まで輸入車に乗っていた顧客が今月に現代自動車に乗り換える場合には割引を与える。「ソナタ」「グレンジャー」「アスラン」「ジェネシス」「エクウス」や「ツーソン」「サンタフェ」「マックスクルーズ」のようなスポーツ多目的車(SUV)を買う場合には50万ウォン、「アクセント」「アバンテMD」「ベロスター」「i30」「i40」「ジェネシス・クーペ」を買う場合には30万ウォンをそれぞれ割引する。

エコカーマーケティングも強化する。「ソナタ」「グレンジャー」のハイブリッドモデルは50万ウォン、「ソナタ」のプラグインハイブリッド(PHEV)モデルは200万ウォンまで割引する。また、12月の新車発売を控えた大型セダン「エクウス」の購入顧客にも10%の割引を掲げる。

起亜(キア)自動車は輸入車を含め車種を問わず購入してから7年過ぎた車を所有する顧客が「モーニング」「レイ」「プライド」「ソウル」「カレンス」「K3」「K5」「K7」を買う場合には車両代金を30万ウォン割り引く。

現代・起亜自動車の先月の韓国市場でのシェアは64.9%にとどまった。月間シェアが65%以下に落ちたのは2006年7月の62.7%以来9年余りぶりだ。亜州自動車大学のコ・グァンホ教授(自動車学)は、「シェア死守のためにイエウサギを守ることから一歩進んで野ウサギ(輸入車)を捕まえに出たと分析される。ディーゼル車中心のドイツブランドに背を向けた顧客をガソリン車・エコカーに引き込みシェアを確保しようとするマーケティング戦略」と分析した。

ルノーサムスンは燃料費支援マーケティングに出た。新車購入客に燃料費(給油商品券)として「QM5」(ディーゼル)に150万ウォン、「SM3」に70万~90万ウォン、「SM5」(ディーゼル)に70万ウォン、「SM7」に50万ウォンをそれぞれ支援する。「QM3」は韓国と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)による関税引き下げを受け80万ウォンの割引を行う。
フォルクスワーゲンの失速に韓国車と日本車が割引攻勢(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    フォルクスワーゲンの失速に韓国車と日本車が割引攻勢(1)

    2015.10.08 10:24
    뉴스 메뉴 보기
    今月に入りシェアを高めるためマーケティング攻勢に出た現代自動車の「ソナタ」プラグインハイブリッド(PHEV)モデル(左)とトヨタ「プリウス」(写真=現代自動車・トヨタ自動車)
    TOP