주요 기사 바로가기

【コラム】先進国の韓国が、なぜ海外と養子縁組をするのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.01 13:54
0
数年前のことだ。韓国からイタリアに養子縁組された30代後半の女性を伴って通訳・案内をつとめたことがある。韓国系の養子縁組者を両親に会わせる団体を通じて韓国を訪れた方である。韓国で生まれたその方は韓国語を知らず、以前に来たこともなく西洋人である私が道案内をするという状況が非常に異彩を放っている気がした。

この方は2歳の時にイタリアへと養子縁組されたが、養子縁組の書類に書かれた「キム(Kim)」という性を名前だと勘違いした養父母はこれを名前にした。だが2年後、今度は男の子を韓国から養子にして書類にまた「キム」と書かれていたのを見てから、これが姓だということを知るようになったという。時間がかなり過ぎた後で名前を変えることができず「キム」というイタリア人として生きてきた。この方は新しい家族の愛情をもらいながら育ち、有名大学を卒業して世に認められる建築家になった。イタリア人の記者と結婚して子供も2人もうけて幸せに暮らしていた。自分が生まれた韓国には何の関心もなかった。そのうちに両親に会いに韓国に1人で来る機会ができて、イタリア人ガイドである私に会ったのだ。

両親に会う前キムは私にこんな話をした。「会ったことはないが実母だから愛している。実母が私を養子縁組させてくれたおかげでイタリアで幸せな生活を送ることができ本当に感謝している。だが一方で、私を捨てたのだから憎んでもいる。その理由も気になる」。両親との出会いは通訳した私にとっても、あまりにも感動的な瞬間だった。実母は娘が幸せに暮らしているという話を聞いて「40年近く、押しつぶされていた胸がすっとした」と言った。娘は実母から養子縁組当時の残念な理由を聞いて「母親を理解する。その時によく選択してくれた。愛している」と話した。

もちろん養子縁組された人の状況や人生はさまざまであろう。昔から世界的に数多くの不遇な子供たちが養子縁組によってより良い生活を送ることができた。だが現代社会で、特に先進国の政府は養子縁組の成功談を広報することよりも、子供たちを養子縁組させる必要性そのものをできるだけなくす努力をしなければならないと思う。困難な状況のために養子縁組させる必要ができれば、海外よりも同じ国で養子縁組をさせるのが理想的な解決策であろう。韓国は先進国の中で珍しく養子縁組問題がいまだに残っている。周囲には赤ん坊を産めないとか、もっと持ちたいと願っている夫婦がたくさんいる。彼らが人工受精・出産を悩むよりも、不遇な子供を養子にすればどうだろうか。養子縁組者に対する社会的認識も良くなり、幸せで成功的な事例だけが残ることにならないだろうか。

アルベルト・モンディJTBC「非首脳会談」出演者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP