주요 기사 바로가기

韓国の国家競争力ランキングは26位…金融・労働部門で脆弱

ⓒ 中央日報日本語版2015.09.30 11:25
0
世界経済フォーラム(WEF)の2015年の国際競争力ランキングで、韓国は昨年と同様、26位に入った。

30日、韓国企画財政部によると、韓国は世界140カ国を対象に実施した今回の評価で26位を記録した。WEFの国家競争力ランキングで、韓国は2012年19位から2013年25位、2014年26位と徐々に下落したことに続き、ことしも順位を引き上げることができなかった。

国家別にみてみると、スイス、シンガポール、米国が昨年と同様、1~3位を記録した。周辺国の日本(6位)、中国(28位)も昨年の順位を維持した。

韓国は今回の評価でマクロ経済が7位から5位に、インフラが14位から13位に上がるなど7部門で上昇した半面、金融市場成熟度は80位から87位、技術受容積極性は25位から27位、市場規模は11位から13位、企業革新は17位から29位など、4部門で順位を下げた。

労働市場効率性部門では順位を3ランク上げたが、依然として低い水準にとどまっている。労使協力(132位)、解雇費用(117位)、雇用および解雇慣行(115位)等の雇用関連項目で振るわなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP