주요 기사 바로가기

韓米専門家がTPP攻防、「戦略的失敗」vs「細部を検証」

ⓒ 中央日報日本語版2015.09.29 13:06
0
韓米の経済専門家が28日(現地時間)、米国ワシントンD.C.のピーターソン国際経済研究所で開かれたセミナーで韓国の環太平洋経済連携協定(TPP)の未加入問題をめぐり攻防を繰り広げた。

同研究所シニア・フェローのジェフリー・ショット氏は「米国・欧州連合(EU)等との自由貿易協定(FTA)締結にともなうFTA協定に対する疲労感、日本との摩擦、コメを含む敏感品目市場の開放拡大に対する懸念などで、韓国政府がTPPの加入を先送りした」としながら「韓国政府のこの先送り決定は戦略的失敗」と主張した。

これに対し、韓国の対外経済政策研究院(KIEP)のイ・イルヒョン院長は「TPP加入は韓国に有益だとみている」としながらも「だが、韓国がTPPの加入を急いでいないのは、TPPの恩恵が何であるのかなど、すべての条件を細部にわたって検証しようというものであって、ショット氏の主張のように日本など他の要因に関連した『戦略的失敗』ではない」と反論した。

韓国政府は当初、事案自体の敏感性を考慮してやや消極的立場を堅持していたが、2013年11月にTPPに対する関心を表明した後、当事国と2国間の予備協議を行っている状態だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP