주요 기사 바로가기

朴大統領が米ニューヨーク到着…多者外交戦へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.26 09:43
0
国連総会と国連開発サミットに出席する朴槿恵(パク・クネ)大統領が25日午後(現地時間)、国連本部がある米ニューヨークに到着した。朴大統領はケネディ国際空港で呉俊(オ・ジュン)国連大使、金起煥(キム・ギファン)駐ニューヨーク総領事らに迎えられた。朴大統領の国連本部訪問は就任後3回目、国連総会に出席するのは昨年に続いて2回目となる。

朴大統領は26日午前に国連開発サミットに出席して演説し、「多者外交戦」に入る。今回の開発サミットは、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が2016年から15年間にわたり国際社会の新しい開発協力指針となる「2030持続可能開発体制」のため加盟国首脳の出席を要請した多者会議。17個で構成される「2030持続可能開発目標(SDGs)」が採択される予定だ。朴大統領は26日午後にはグローバル教育優先構想(GEFI)高官会議に出席し、ここでも演説する予定だ。

朴大統領は今回の「多者外交戦」で、北朝鮮の長距離ロケット発射や4回目の核実験などの挑発を阻止し、韓半島(朝鮮半島)平和統一ビジョンを伝えるのに注力する。また、セマウル運動を世界貧困国や開発途上国のための開発プログラムとして広めるのにも力を注ぐ予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP