주요 기사 바로가기

IOC「平昌五輪の準備は順調…緊張を緩めるな」

ⓒ 中央日報日本語版2015.09.25 15:14
0
国際オリンピック委員会(IOC)のグニラ・リンドバーグ調停委員長が第5次調停委員会で2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)の準備過程に対して満足感を示した。

リンドバーグ委員長は24日、江原道(カンウォンド)で開かれた第5次調整委員会議で「2018平昌冬季五輪大会の準備が順調に行われている」と明らかにした。

リンドバーグ委員長はまた「平昌大会を構成する7つの競技の国際連盟代表も参加して各種目に対する専門性を付加した」としながら「このような助言が来年初旬のアルペンスキーワールドカップなどのテストイベントの準備に多いに役に立つだろう」と付け加えた。

IOCは今回の会議を通じて新設競技場建設の進ちょく状況を改めて確認した。調停委員らは旌善(チョンソン)アルペンセンターとアルペンシア・スライディングセンターの現場を訪問して「大会期間中、選手にとって素晴らしい競技場になるだろうとの感触が得られた。選手はきっと満足すると自信を持っている」と伝えた。

委員らはまた、「テストイベントの開催までにそれほど猶予はない。組織委員会は緊張を緩めてはならない」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP