주요 기사 바로가기

韓国政府、サンフランシスコ慰安婦碑決議案に「人権問題の共感が形成された」

ⓒ 中央日報日本語版2015.09.25 11:20
0
韓国政府は24日、米国サンフランシスコ市議会が慰安婦碑や像の設置を支持する決議案を採択したことに関連し、「慰安婦問題が戦時女性の人権という普遍的な人権問題に対し、米国内の幅広い共感が形成された」と明らかにした。

魯光鎰(ノ・グァンイル)外交部報道官は同日の定例ブリーフィングで「決議案がサンフランシスコ市議会の全体会議で全員一致で通過したと承知している」と述べた。

続いて「米国主要都市の市議会が慰安婦記念施設の建立を促す決議案を全員一致で採択したことは慰安婦問題が普遍的な人権問題であることに対する認識が広がっているということを示している」と付け加えた。

これに先立ち、米国、サンフランシスコ市議会は22日(現地時間)、エリック・マ議員が代表発議して、11人の市会議員のうち8人が共同発議で参加した「慰安婦記念施設の建立と女性・児童の人身売買防止のための教育を共同体に施行することを促す決議案」を全員一致で通過させていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政府、サンフランシスコ慰安婦碑決議案に「人権問題の共感が形成された」

    2015.09.25 11:20
    뉴스 메뉴 보기
    慰安婦少女像(写真=中央日報DB)
    TOP