주요 기사 바로가기

北核対応…米「海兵の15%を太平洋前進配備」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.25 09:59
0
米国が北朝鮮の核威嚇などに対応して海兵隊の兵力の15%を太平洋地域に前進配備することにしたと米軍事専門紙が23日(現地時間)に伝えた。Marine Corps Times(MCT)はこの日、北朝鮮の核威嚇が高まって南シナ海島しょ領有権紛争が拡大するなど緊張が高まるにしたがって、このような再編に取り組んだとアジア・太平洋地域の海兵隊司令官の話を引用して伝えた。

太平洋海兵隊構成軍司令部のジョン・トゥーラン司令官は「ハワイ・日本・グアムなどを巡って新しく基地再編計画があり、より多くの地域で海兵隊を移動配備する方案を検討中」とMCTに明らかにした。

一方、北朝鮮宇宙開発局のヒョン・グァンイル科学開発局長は平壌(ピョンヤン)衛星管制総合指揮所でCNNとのあるインタビューで「最近の何週間かの間、色々な部分で進展があった」とし、「よりしっかりした基盤でより良い衛星を運搬するために打ち上げ場所を選んでいる」と主張した。これに伴い、北朝鮮が労働党創建日(10月10日)を控えて衛星を装った長距離ロケット打ち上げを行う可能性が大きくなったという見方が出ている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP