주요 기사 바로가기

「日本、FTA締結に積極的…韓国との競争深刻化」

ⓒ 中央日報日本語版2015.09.24 10:28
0
日本の積極的なFTA推進によって世界市場における韓国との貿易・投資競争が深刻化するという展望が出てきた。

23日に韓国産業研究院が発表した「日本のFTA戦略と示唆点」によれば、日本は2002年のシンガポールとのFTA締結をはじめ最近ではアジア太平洋地域を中心にFTA締結を積極的に進めている。日本は現在「メガFTA」に挙げられる環太平洋経済連携協定(TPP)や東アジア包括的経済連携(RCEP)を含め日本・EUのFTA、韓日中FTAなどさまざまなFTA交渉を同時進行中だ。

日本のFTA交易比率は2014年貿易額基準で22.3%と韓国(40.7%)の半分程度だ。両国が進行中のFTAを全て妥結すれば、日本のFTA交易比率は84.6%となり韓国(82.4%)をはじめEU(68.2%)、米国(64.3%)、中国(52%)など主な競争国を超える。

報告書は、韓国の主な輸出品目とFTA戦略が日本と重なるため世界市場で韓日間の競争が深刻化すると見通した。また「現在、韓国のFTA締結の成果は日本を凌駕するが、今後日本に追撃される可能性が高い」として「日本のFTA戦略の分析と共に先制対応が必要だ」と伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「日本、FTA締結に積極的…韓国との競争深刻化」

    2015.09.24 10:28
    뉴스 메뉴 보기
    23日、韓国産業研究院は報告書で日本のFTA推進で韓国との貿易競争が深刻化すると展望した。
    TOP