주요 기사 바로가기

サムスン電子、年間売り上げ200兆ウォン達成に赤信号

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.21 10:04
0
サムスン電子の4年連続年間売り上げ200兆ウォンの達成に非常灯がついた。スマートフォン事業が振るわないことが影響を及ぼした。

金融情報会社のFnガイドが20日に明らかにしたところによると、サムスン電子の年間売り上げ予想値(コンセンサス)は199兆1556億ウォンで200兆ウォン以下に落ちた。年間営業利益予想値は26兆1756億ウォンとされた。証券会社22社の予想値のうち最も高い売り上げ予想を出したのは7月末に報告書を出した大信証券で204兆ウォン台だ。最近ではNH投資証券が9月9日に出した203兆ウォン、サムスン証券が9月10日に出した203兆ウォンが最高値だ。

2カ月間に証券会社22社のうち200兆ウォンを超える業績を予想したのは45%の10社にとどまった。半分を超える55%の証券会社が今年のサムスン電子の業績を否定的にみているという意味だ。業績見通し最低値は18日付の未来アセット証券の195兆940億ウォンだった。こうした不安な見通しが出てくるのは7~9月期の業績のためだ。来月初めに業績速報値発表を控えているが証券会社は一斉に7~9月期の業績見通しを下げた。7~9月期の業績に対する証券業界のコンセンサスは売り上げ50兆1755億ウォンに営業利益6兆6112億ウォン。昨年7~9月期の売り上げ47兆ウォン、営業利益4兆ウォンを底に毎四半期1兆ウォン台の営業利益改善を見せたサムスン電子の回復傾向が後退するという意味だ。特に7~9月期から10~12月期が伝統的なIT業界の繁忙期である点を考慮すれば4~6月期の6兆8980億ウォンに比べ減るとみられる営業利益は悩みの種だ。

KB投資証券アナリストのイ・ガグン氏は7~9月期の業績見通しとともに年間営業利益予想値をこれまでより6.1%下げた25兆4000億ウォンとした。彼は「スマートフォン市場が下落傾向を見せ、事実上ギャラクシーノート5とギャラクシーS6エッジプラスの新製品効果が7~9月期にはほとんどないものと評価できる。これにより4~6月期まで2けたの営業利益率を記録した収益性も7~9月期には8.1%に下落するものとみられる」と予想した。

メリッツ総合金融証券アナリストのパク・ユアク氏も今年7~9月期の営業利益予想値をこれまでより6%下げ6兆5000億ウォンとした。今年の業績についても売り上げ198兆ウォン、営業利益26兆ウォンを予想した彼は、「人材構造調整の影響でスマートフォン中長期戦略樹立に悪影響を及ぼすだろう」とし、2016年の業績予想も売り上げ199兆ウォンに営業利益27兆ウォンに引き下げた。

サムスン電子は身を低めている。2年連続のマイナス成長が予想される状況で人材調整を既定事実化した。サムスン電子関係者は「人材調整比率は確定していないが人的構造調整と業務再配置を進める予定」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP