주요 기사 바로가기

世界1・2位のビール会社が合併?…ABインベブ「SABミラー買収を希望」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.18 17:19
0
ビール業界の恐竜が誕生するのか。ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)が2位のSABミラーに買収を提案したと、フィナンシャルタイムズ(FT)が17日(現地時間)報じた。買収希望価格は伝えられていないが、FTによると、過去にABインベブがSABミラー買収に動いた当時に提示した価格は1220億ドルだった。

ABインベブとSABミラーは世界ビール市場の二大山脈だ。ベルギーとブラジルの合弁企業ABインベブは2014年を基準に世界ビール市場でシェア20.8%。ABインベブは2008年に米国のアンホイザー・ブッシュを520億ドルで、2013年にメキシコ最大手グルポ・モデロを210億ドルで買収し、規模を拡大した。ABインベブは韓国OBビール株も100%保有している。バドワイザー、コロナ、ステラなどがABインベブの主なビールブランドだ。ミラーとペローニなどを生産する英SABミラーの世界市場シェアは9.7%。

両社が合併すれば、世界ビール市場シェア30.5%、時価総額2750億ドルの巨大ビール企業が誕生する。全世界で販売されるビール3本に1本を合併企業が生産するということだ。格付け機関フィッチは「両社が合併すればグローバルプレーヤーになる」とし「3位のオランダのハイネケン(9.1%)、4位のデンマークのカールスバーグ(6.1%)と大きな差が生じる」と分析した。

ビール業界の合従連衡は新しいことではない。昨年SABミラーが3位企業ハイネケンに買収を提案したが、拒否された。ABインベブも以前にSABミラーの買収に動いた。ウォールストリートジャーナル(WSJ)は「過去10年間にビール業界で数十億ドル規模のM&A(企業の合併・買収)が成立した」と報じた。

ビール業界のM&Aは「規模の経済」を通じて活路を模索するためだ。世界経済の成長鈍化で伝統的なビール需要地域の欧州と北米の消費が停滞し、企業は厳しくなっている。他の飲料やワインなどとの競争も激しくなっている。また、さまざまな風味の手製ビールが若い消費者を引き込んでいる。

業界は需要が維持されている新興国市場が生き残る道と見なしている。こうした状況でアフリカや中国などで優勢のSABミラーはABインベブにとって魅力的な相手だ。FTは「ビール市場が唯一成長するところがアフリカ大陸だが、ここはSABミラーが握っている」と報じた。SABミラーは生産量の39%を南米で、12%をアフリカで販売している。SABミラーは中国華潤創業とのジョイントベンチャーで中国市場でも23%のシェアを確保している。

世界ビール市場の盟主を目指すABインベブがSABミラー買収に力を注いでいるが、その過程は難航が予想される。SABミラーの株式を保有するたばこ大手アルトリアグループ、南米のサントドミンゴ一族、南アフリカ政府を説得するのは容易でないとみられるからだ。また、アフリカや米国でSABミラーと合併法人を運営するパートナー社との関係も買収の障害になると考えられる。世界飲料市場の代表的なライバルであるペプシとコカコーラとの関係も複雑に作用する見込みだ。ABインベブはペプシ、SABミラーはコカコーラの協力会社だ。

ABインベブのSABミラー買収の動きが伝えられると、16日(現地時間)のロンドン株式市場でSABミラー株は一時24%、ベルギーブリュッセル株式市場でABインベブ株は一時8.5%上昇した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP