주요 기사 바로가기

<魅力コリアレポ>(1)韓国が持つ強み…人とお金が集まる「魅力コリア」へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.17 10:42
0
今月1日に韓国に来たアンジェリナ・ホダリ(18、女性)はイスラエルと紛争中のパレスチナ出身だ。戦争とテロにまみれた国でホダリの心をつかんだのは2年前に友達が聞かせてくれたK-POPだった。ホダリは「少女時代、EXO、BIGBANGの歌はすべて知っている。韓国は魅力あふれる国だ」と話す。韓国外国語大学で留学生活を始めたホダリの夢はアラブ圏に韓国式のエンターテインメント会社を作ることだ。「SMエンターテインメントやYGエンターテインメントのような会社を作り、故郷に銃声の代わりに歌が鳴り響くようにしたいです」。

ホダリと同じ日に韓国に来たモロッコのマリエム・ハフィド(24、女性)はドラマ『花より男子』のファンだ。ハフィドは「ドラマで初めて韓国に接し、韓国文化や製品にも関心を持つことになった」と話した。フランス語に慣れているがフランスではなく韓国の大学に来た。韓国の魅力を直接感じるための選択だった。事業家を夢見る彼女は、「欧州のさまざまな国に行ってみたが、韓国ほど躍動的ではなかった。世界で最も速い経済発展を成し遂げた韓国で未来を探したい」と話した。

韓国には富裕国や強大国で探すことはできない韓国ならではの魅力がある。世界各国から来た若い人材は文化や商品のために韓国に関心を持ち始め特有の魅力を発見し、結局は韓国の地に足を踏み出したと話す。慶熙(キョンヒ)大学のチョン・ジンヨン対外協力副総長は、「商品、資本、人が国境を自由に行き来するようになったこの時代には魅力のある国が先進国だ。韓流に対する関心は韓国製品の消費につながり結局は韓国に人を引き込む効果を出す。これが“魅力の連鎖”だ」と話した。JTBCの番組『非頂上会談』に出演しているノルウェー出身のニコライ・ヨンセン(27)も魅力の連鎖に引き込まれた。彼は日本で交換留学生の経験を経て韓国の高麗(コリョ)大学大学院に進学した。映画を通じて韓国を知り、韓国料理を食べて韓国にはまった。ヨンセンは「日本は慎重でゆっくりだが、韓国は早く考えすぐに実行する推進力が優れている。ダイナミックな韓国が私を引っ張った」と話した。

中央日報は創刊50周年を迎え慶熙大学とともに韓国の魅力が何で、魅力的な国になるための道は何かを探求した。

ビッグデータ4872万件余りと一般市民、専門家、大学生、外国大使、学者ら4500人余りの意見を聞いた。その結果、韓国のいちばんの魅力は「文化」だった。慶熙大学未来文明院のチョン・ジョンピル院長は、「未来の韓国は強大国である米国と中国、日本の間で軍事・経済力とともに魅力でこれらを調和させリードしなければならない。韓国に引きつける魅力の連鎖をもう少し強固にできる方策を探すのがわれわれの課題」と話した。米シラキュース大学のグレッグ・ランバート教授は、「韓国の魅力は超高速経済発展にともなう現代的大衆文化と伝統文化が入り混じっていること」と話した。

戦争を経て先進国の隊列に上った韓国の成長事例は世界の人を引きつけるまた別のチャームポイントだ。フランスの世界的文明批評家ギー・ソルマンは「韓国特有のエネルギーと革新が驚くべき進歩を成し遂げた」と評価した。アンゴラから来たバレンティン・ジャンバ(21)は「韓国はアンゴラの未来」と話す。彼は優秀な成績で高校を卒業したが生活が厳しく大学に進学できなかったが、3月に国際奨学生に選抜され韓国に来た。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <魅力コリアレポ>(1)韓国が持つ強み…人とお金が集まる「魅力コリア」へ

    2015.09.17 10:42
    뉴스 메뉴 보기
    世界各国から来た韓国外国語大学の国際奨学生が4日、校内で各自の母国語で韓国の魅力をひとつずつ書いた。文化、音楽、ファッション、伝統、韓国語、安全、調和、冒険、法治、率直さ、希望、躍動性、秩序、平和、焼酎などの単語が出てきた。とても多くてひとつは選べないという反応もあった。言葉も人種も違うが彼らには韓国文化や製品を契機に韓国の魅力にはまり、韓国行きを選択してここまできたという共通点がある。
    TOP