주요 기사 바로가기

【コラム】習近平・プーチン・崔竜海はどう思っただろうか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.11 08:16
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が3日、天安門広場で開かれた閲兵式に出席した。米国の同盟国である民主国家の指導者では唯一、行事に出席した。他の指導者はどう思っただろうか。胸中をのぞいて見ることはできない。独裁国家の指導者が何を思ったのか想像してみることは可能だ。

中国の習近平国家主席=この閲兵式は私の指導力を証明する否認できない証拠だ。この瞬間まで続けた反日プロパガンダは効果があった。おかげで上海株式市場の崩壊による困惑はかなり相殺される。父は日本と実際に戦ったのは国民党だということをよく知っていた。父は中国共産党が単独で中国を解放させたと絶えず人民に注入させることが重要だと語った。

私は西欧の指導者が戦勝節行事に来ないことを知っていた。しかし我々の外務省の仕事を見れば腹が立つ。インドネシア・マレーシアなどアジアから誰も来なかった。それでも韓国の朴大統領はここにいる。これは大きい。6回の首脳会談で中韓関係が新しいレベルに格上げされた。中韓貿易が韓国にどれほど利益になるかを見せた。中国の成長率が低下し、韓国人が過敏になっているところは見られるが。

私は朴大統領が何を望むのか知っている。私が北朝鮮にもっと圧力を加えることだ。平壌(ピョンヤン)から「最高司令官」として振る舞う危険なアマチュアに屈辱感を与えるのは楽しいことでもある。また我々ははもう北朝鮮と唇亡歯寒の関係でない。しかし何度も言うが、北朝鮮に対する我々の核心的な立場は変わっていない。北朝鮮が不安定になったり政権が交代するほど圧力を加えることは決してないだろう。ソウルに象徴的なジェスチャーを見せることはできる。前例のないことまでも。しかし北朝鮮に物理的な圧力を追加することはない。

朴大統領も知っているはずだ。判断力がいいから。彼女は先月、南北の危機をうまく処理した。能力を誇示し、南朝鮮の国内政治で得たものが多い。過去の問題で日本と共同戦線を展開しようという我々の提案を朴大統領は受け入れなかった。彼女は今回、中韓日の対話をしようと我々に圧力を加えている。とにかく彼女の訪中は我々のプロパガンダに役立つプレゼントだ。一緒に日本帝国主義と戦ったというのは両国友好の貴重な土台だ。彼女が大韓民国臨時政府庁舎の再開館式に出席したのも、中国が韓国の解放を助けたという姿を作るのに役立つ。こうした形のゲームが続く。浮き沈みもあるだろうが、ゲームをうまく導けば、米国のアジア同盟ネットワークに隙間ができる。そうなれば我々はワシントンと世界共同支配(condominium)を追求できる。ワシントンが我々の北東アジア勢力圏を受け入れ、太平洋で衝突を避けることになる。挑戦は多い。国内経済、アジア域内問題、中米関係…しかし我々が行くのはこの道一つだ。
【コラム】習近平・プーチン・崔뎗海はどう思っただろうか(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】習近平・プーチン・崔竜海はどう思っただろうか(1)

    2015.09.11 08:16
    뉴스 메뉴 보기
    イラスト=キム・フェリョン
    TOP