주요 기사 바로가기

<中国戦勝節>「皇帝の門」の前で習近平、420個の新武器で軍事堀起70分ショー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.03 10:39
0
1/2
中国閲兵式はどのように行われるか
3日午前9時(現地時間)、中国の習近平国家主席が彭麗媛夫人とともに天安門の内側にある端門前に姿を見せる。続いて、習主席夫妻は朴槿恵(パク・クネ)大統領など現場に到着した49カ国の代表団を順番に出迎える。端門前の南側広場で記念写真も撮影する。午前10時、天安門では70発の礼砲とともに中国の抗日戦争勝利70周年閲兵式(軍事パレード)の幕が上がる。

新華社通信が2日に伝えた閲兵式の様子だ。閲兵式が端門から始まるには理由がある。端門は紫禁城の南門で、午門と共に事実上、皇城の正門的な役割を果たしている。隋や唐など古代中国皇宮の正門の大部分は端門と呼ばれたが、これは天下を治める「皇帝の門」を意味する。

その門の前で習主席は外国指導者を出迎えて中華の復興を知らしめようとしたのだ。

午前10時、中国の56族の民族を象徴する56門の大砲が70発の礼砲を撃ちながら閲兵式の開幕を知らせる。70発の砲声には抗戦勝利70周年という意味が隠れている。礼砲が鳴る間、中国の国旗である五星紅旗の掲揚式が挙行される。儀仗隊は抗日と共産革命の殉国烈士を祀った民族英雄記念塔から掲揚台まで4分20秒の間に121歩を歩く。甲午戦争(日清戦争)が勃発した1894年から今年までの121年の間、中国の苦難と台頭を象徴する。

習主席は引き続き、閲兵式の演説を通じて抗日と反ファシスト戦争の勝利の意味を説明して世界平和守護の意志を明らかにする予定だ。日本の誤った歴史認識と右傾化に対する警告も含まれるものとみられる。社会科学院アジア太平洋・グローバル戦略研究院の李素華研究員は「習主席は対日警告も行うが、閲兵式が中日関係の障害でなく未来のためのものという建設的な内容も盛り込むだろう」と展望した。

閲兵式の最も関心が集中するのは査閲と分列だ。中国の軍事堀起を示す約420個の新武器が公開されるためだ。習主席は演説が終わると城楼を降りて行き、車両に乗って20分間、3軍の査閲を行う。この時、習主席は「同志たち、ご苦労」と話しかけ、梯隊兵力は「主席、いかがいらっしゃいますか」という言葉で返答するものと見られる。

米国など国際社会が最も注目する武器は大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風-41」と「東風-31B」だ。この2つは射程距離がそれぞれ1万4000キロと1万1200キロで米国本土全域を射程圏に置いている。中国当局は、特に次世代ICBMと呼ばれる「東風-41」の場合、10発の核弾頭を装着でき、米国のミサイル防衛(MD)体系を無力化することができると自負している。

航空機では米国「F-22」のライバルとなるステルス戦闘機「殲-20」の公開について関心を集めている。昨年末に試験飛行に成功したこの戦闘機は、作戦半径が2000キロであり、長距離ミサイルである「霹靂-21」等を装着している。

約50分間の陸上と空中分列が終わると、平和に対する願いを込めたハト数千匹と7万個の風船が天安門上空に飛ばされる。中国の軍事堀起と中華の復興が世界平和のために必要だという国際的共感を得るための「ハト・風船ショー」で約70分間の閲兵式は幕を下ろす。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP