주요 기사 바로가기

<全米テニス>昨年準優勝の錦織、1回戦敗退の異変

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.02 09:08
0
日本の「テニスの王子様」錦織圭(26、世界ランキング4位)が今季最後のメジャー大会の全米オープンで1回戦敗退となった。

昨年準優勝の錦織は1日(日本時間)、米ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われた男子シングルス1回戦で、ブノワ・ペール(26、フランス、41位)に2-3(4-6、6-3、6-4、6-7、4-6)で敗れた。全米オープンで前年度の男子シングルス決勝進出者が翌年に1回戦で敗退したのは、1999年のパトリック・ラフター(43、豪州)以来16年ぶり。

錦織は昨年の全米オープン8強でスタン・ワウリンカ(30、スイス、5位)と4時間を超える接戦を繰り広げて勝利し、「マラソンマン」と呼ばれた。しかしこの日、3時間14分のフルセットゲームでは粘り強さが見られなかった。コートを動き回りながら見せるテンポの速い攻撃がなかった。第4セットでゲームを終えるチャンスを迎えたが、タイブレークに持ち込まれて落とし、第5セットまで奪われた。

錦織は先月18日に開幕した男子プロテニス(ATP)ツアー、ウェスタン&サザンオープン大会には腰痛のため出場しなかった。錦織は「けがは完全に治った」と話したが、終盤は体が重く見えた。錦織は「何がが起きたのか分からない。コンディションも良くてプレッシャーもなかった。ペールのプレーが非常に攻撃的なのでリズムを取り戻すのが難しかった」と語った。

優勝候補のノバク・ジョコビッチ(28、セルビア、1位)はジョアン・ソウザ(26、ブラジル、46位)に3-0(6-1、6-1、6-1)で完勝し、2回戦に進出した。今季不振のラファエル・ナダル(29、スペイン、8位)はボルナ・コリッチ(19、クロアチア、33位)に3-1(6-3、6-2、4-6、6-4)で勝った。

女子シングルスではセレーナ・ウィリアムス(34、米国、1位)がビタリア・ディアトチェンコ(25、ロシア、86位)に棄権勝ちした。ウィリアムスは今大会に優勝すれば88年のシュテフィ・グラフ(46、ドイツ)以来27年ぶりに「カレンダーグランドスラム(1年に4大メジャー大会制覇)」を達成する。

韓国選手では唯一本戦に出場したチョン・ヒョン(19、尚志大、71位)はミカエル・ククスキン(28、カザフスタン、56位)とペアで男子ダブルスにも出場する。チョン・ヒョンがメジャー大会のダブルス本戦に出場するのは初めて。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP