주요 기사 바로가기

9月の韓国企業景気見通し「くもり」…BSI、6カ月連続で100下回る

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.31 15:04
0
企業の関係者は9月の企業景気が前月比で悪化すると見ていることが調査で分かった。

全国経済人連合会(全軽連)は売上高基準で600大企業を対象に最近実施した企業の景況判断指数(BSI)調査の結果、9月の総合景気展望値は基準の100を下回る95.1だったと30日、発表した。BSI展望値が100を上回れば景気が前月よりよくなるとみる企業が多いことを意味し、100を下回ればその逆を意味する。

企業景気BSIは3月に103.7となった後、4月97.5、5月99.4、6月96.4、7月84.3、8月89.6など6カ月連続で100を下回っている。全経連は9月の数値に関し、人民元切り下げなど中国発リスクをはじめ、米国の利上げ不確実性、8カ月連続の輸出額減少、主要企業の海外売上高減少などの要因が複合的に作用したためと分析した。

部門別に見ると、雇用(100.6)を除いた内需(98.0)、輸出(97.4)、投資(96.1)、資金事情(95.9)、在庫(100.6)、採算性(98.8)などすべての領域で100を割った。在庫は100以上なら在庫過剰を意味し、否定的な答弁となる。

BSIの8月の実績値は86.6だった。内需(89.5)、輸出(89.0)、投資(95・9)、資金事情(94.7)、在庫(102.0)、雇用(97.0)、採算性(90.1)など全部門で不振だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP