주요 기사 바로가기

日本、潘国連事務総長の閲兵式出席に抗議…中国メディア「天下の笑いもの」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.31 09:11
0
中国新華社通信は29日、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長の中国抗日勝利70周年閲兵式(軍事パレード)の出席に対する日本の抗議を「天下の笑いもの」と非難した。

同通信は「終戦70周年記念日を迎え、敗戦国の日本は侵略戦争に対して反省と贖罪をして永遠に同じ犯罪を繰り返さないと誓わなければならないのが当たり前なのに、国際指導者の閲兵式についてとやかく言っている」と非難した。通信は引き続き「日本はとりわけ潘総長と朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領の参加に対して関心を持ち、朴大統領が閲兵式に米国と国内世論を懸念して拍手しないだろうと報道するなど焦燥感を表しているが、これは天下の大きな笑いもの(滑天下之大稽)」と伝えた。

通信はまた「すでに今回の閲兵式は第三者を狙ったり(中国の)力自慢をしたりしようとするものではなく、中国と世界の人民が平和を守ろうとする決意と能力を示そうとするものだ」と強調した。通信は「安倍首相は中国の招待に各種理由を挙げて応じず、日本メディアは世界の指導者の閲兵式出席に干渉している。これは歴史を正しく見ないであらゆる面で中国と力を競おうとする自己妄想と自己卑下の矛盾した心理」と分析した。

通信は最後に「今回の閲兵式に日本指導者が来ないのは自由だが、他の指導者の出席まで関与するのはそれだけ苛立っているということで無駄なこと」と指摘した。

これに先立ち、日本政府は28日、「潘総長の閲兵式出席は国連の中立性を損なうおそれがある」と抗議した。産経新聞も30日「国連が果たすべき役割は国際社会の懸念を解消するよう中国に働きかけることだ。潘氏の出席は、国際社会の期待に反するものである」と主張した。同紙は引き続き「(日本政府は)国連が平和構築への責務を果たそうとしていないとの非難を正式に表明すべきである」と求めた。

これに対して潘総長は「歴史の教訓を基に未来に進むことが重要であることから閲兵式行事に参加する」という立場を日本政府に伝えた。潘総長は、特に「今年は人類の歴史で最も悲劇的な出来事だった第2次世界大戦が終わって70年になると同時に国連創設70周年になる年」として出席の背景を説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本、潘国連事務総長の閲兵式出席に抗議…中国メディア「天下の笑いもの」

    2015.08.31 09:11
    뉴스 메뉴 보기
    潘基文国連事務総長(写真=中央フォト)
    TOP