주요 기사 바로가기

「チョクボル男」など新造語1000語がオックスフォード辞典に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.29 11:29
0
地下鉄など公共交通で脚を広げて座り隣の乗客に迷惑をかける「チョクボル男(Manspreading)」が英オックスフォードオンライン辞典に登載された。

オックスフォード英語辞典(OED)編集部が運営するOxfordDictionaries.comは27日(現地時間)、「チョクボル男」など新たに登載された新造語約1000語の目録を発表したと、英ガーディアン紙が報じた。

空腹のため怒るという意味のhangry(hungry+angry)、大したことがないことを意味するNo Big Dealの略語「NBD」、ズボンの後ろポケットの携帯電話ボタンが誤って押さえられて電話がかかる「お尻ダイヤル(butt dial)」なども新たに含まれた。beer o’clock(ビール飲み始めるのによい時間)とwine o’clock、ギリシャと英国のユーロ離脱を意味するグレグジット(Grexit)とブレグジット(Brexit)も登載された。

フィオナ・マックパーソンPEDチーフエディターは「新造語は行き過ぎた単純化ではなく現代人が言語を使うより創造的な方法」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP