주요 기사 바로가기

中国閲兵式出席発表前に「韓米同盟」10回強調

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.28 08:15
0
26日午後2時30分、ソウル都染洞(ドリョムドン)の外交部庁舎。外交部の当局者が記者らに対し、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官が30-31日に米アラスカ州アンカレッジで開かれる北極評議会の外相会議に出席し、ケリー米国務長官と会談することを伝えた。米国は北極評議会の議長国だ。

20分間ほどの説明が終わった後、「今日に限ってなぜこれほど韓米同盟の話をするのか。何か気にかかることでもあるのか」という冗談半分の質問があった。それもそのはずだ。当局者の口からは「韓米同盟」という言葉が10回も出てきた。「韓米同盟の土台強化のために…」「韓米同盟を基本に…」などだ。この当局者は「私がそのように話したのか。今回の北の挑発対応過程で韓米同盟の重要性が浮き彫りになってそうなったようだ。気にかかることは全くない」と答えて笑った。

気になることはなくても念頭に置くものはあったようだ。6時間41分後の午後9時11分、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は出入り記者団に対し、朴槿恵(パク・クネ)大統領が中国戦勝節(9月3日)閲兵式に出席すると伝えた。事前予告のない公示だった。外交消息筋は「韓米外相会談を先に発表することで、軍事行事性格の閲兵式に我々が出席することを歓迎しない米国に配慮したと見ればよい」と話した。青瓦台が「大統領の訪中日程発表」(8月20日)より「韓米首脳会談発表」(8月12日)を先にしたのと同じだ。

今年に入って韓国外交は何度も挑戦に直面した。シャーマン米国務次官の「日本寄り」発言(2月)、高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備問題をめぐる米中対立(3、4月)などが相次いだ。韓米同盟は疑われ、中国に傾倒したという中国傾斜論が強まった。政府が早くから閲兵式に出席する方向を固めながらも26日に公式発表した背景だ。

ある外交部関係者は「北極評議会の外相会議出席も同じ」と語った。今回の会議は気候変動への対応を外交的な業績として残そうとするオバマ米大統領が推進した。オバマ大統領は31日の閉幕式にも出席する。外交部は数カ月前にこれを知り、中国戦勝節行事出席局面に活用できると考えたという。韓国・中国・日本・インド・シンガポールなどアジアの北極評議会オブザーバー5カ国のうち唯一韓国だけ閣僚が出席する。尹長官は今月初めのマレーシアASEAN地域安保フォーラム(ARF)外相会議でケリー長官に会い、「月末にアンカレッジでまた会おう」として出席を知らせた。

朴大統領の中国訪問と閲兵式出席を控え、外交部はこのように周辺国との関係に神経を尖らせている。安倍晋三首相は中国の戦勝節行事に出席しない。日本メディアはこれに関し、「朴氏だけが突出した形」(読売新聞)、「日米韓連携にマイナス」(毎日新聞)などと批判した。しかし外交関係者の間では日本側が行事出席を希望し、中国に「『抗日勝利』という名前を変更してほしい」と伝えたが拒否されたという噂が広まっている。

韓国外交は今回、米中両国に配慮する「運用の妙」を発揮した。重要なのは今からだ。9月からは韓中首脳会談、米中首脳会談、韓米首脳会談など大型の外交イベントが続く。韓国外大のナムグン・ヨン政治行政言論大学院長は「韓中が協調して日本を排除するというシグナルを与えないよう慎重にならなければいけない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP