주요 기사 바로가기

韓国、衛星・発射体核心部品の国産化に成功…次期発射体から適用

ⓒ 中央日報日本語版2015.08.27 15:41
0
韓国宇宙開発産業体が衛星と発射体の核心部品の国産化に成功した。

韓国未来創造科学部は27日、国内の中小・中堅企業が「衛星用精密恒星追跡器」と「高解像度衛星カメラ用Xバンドアンテナ」、そして「高強度燃焼機ヘッド製造技術」の国産化に成功したと明らかにした。

未来創造科学部によると、衛星用精密恒星追跡器は低軌道実用級衛星の開発に必須の「姿勢制御」センサーだ。「高解像度衛星カメラ用Xバンドアンテナ」は現在、多目的衛星3、4号に装着されたアンテナよりも振動が小さく軽量なのが最大の特徴だ。「高強度燃焼機ヘッド製造技術」はロケットが打ち上げられる時の高い負荷に耐える構造物だ。

この部品は2017年に打ち上げられる次世代衛星に搭載されるか、次期発射体等に適用される見込みだ。

一方、韓国は1992年8月「KITSAT-A(ウリビョル1号)」の打ち上げに成功して衛星保有国になった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、衛星・発射体核心部品の国産化に成功…次期発射体から適用

    2015.08.27 15:41
    뉴스 메뉴 보기
    韓国初の人工衛星「KITSAT-A」の打ち上げ場面(写真=KAIST人工衛星研究センター)
    TOP