주요 기사 바로가기

<文化が力だ>(1)ポスト韓流を考える…ハンファ、韓流マーケティングで2兆ウォン工事受注(上)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.27 16:11
0
中国遼寧省大連の新都市、金普新区のマイカラーデパート。3年前まで2カ所しかなかった韓国産衣料店が現在は10カ所に増えた。ここで3年前から「K-ファッション」専門店を運営している張萍社長(29、女性)の営業方法が最近変わった。2週に1回ずつ韓国を訪問してデパートや商店街を見回り、「売れそうな商品」を見つけるとその場で写真を撮って微信(中国SNS)に載せ、「購入したい方はいますか」というメッセージを入れる。リアルタイムで注文・販売が行われる。「韓流」の新しい流通チャネルだ。11日に大連で会った張社長は「微信を通じた韓国商品の販売が最近のトレンド」とし「MERS(中東呼吸器症候群)のため1カ月間ほど韓国に行けなかった。その代案として韓国ファッションを真似て作った中国産の服を購入しようと広州卸売市場まで行って調査したが、手ぶらで戻ってきた。いくら真似しても『韓国スタイル』はなかった」と説明した。

韓国スタイル、忙しい生活をしてきた韓国人が意識しない間に韓国製品の一種のスタイルが形成されていた。大連放送局の韓国文化紹介番組「中韓之橋」のチャン・ヘス・アナウンサー(27)は「韓国女性のように眉毛を『一字』に描く化粧法が最近中国で流行している。『一字眉』と呼ばれている」と紹介した。曲線を好んでいた中国の女性が韓国式の眉に変えているということだ。韓流は生活のディテールあるいはライフスタイルに進化している。

韓流はもう特定分野の一時的な現象ではない。海外同胞が20人ほどしかいない社会主義国キューバにも韓流が広まっている。韓流が世界文化の一つの軸として地位を確立する現象と解釈される。2012年初めにキューバのテレビで韓国ドラマ『僕の妻はスーパーウーマン』が放送されて韓流が始まったが、今ではDVD店で韓国ドラマがハリウッド映画よりもよく売れている。政治と経済だけでは起こすのが難しいグローバル暴風、「文化の力」だ。今月初めに米ロサンゼルスで3日間の日程で開催された韓流文化大祝祭「KCON2015」も韓流の人気を証明した。

1990年代後半にドラマが火をつけた「韓流1.0」、K-POPが中心の「韓流2.0」に続き、ファッション・美容・韓国料理・医療など実生活ライフスタイルに韓流の領土が拡張されている。今年のミラノエキスポで観覧客が最も長い列を作ったのも韓国料理を提供した「Kフード」だった。これは産業的な効果にもつながる。「Kビューティー」だけでもアモーレパシフィックの中国での売上高は2014年を基準に4674億ウォン(約470億円)にのぼる。




<文化が力だ>(1)ポスト韓流を考える…ハンファ、韓流マーケティングで2兆ウォン工事受注(下)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <文化が力だ>(1)ポスト韓流を考える…ハンファ、韓流マーケティングで2兆ウォン工事受注(上)

    2015.08.27 16:11
    뉴스 메뉴 보기
    今月初めに米ロサンゼルスで開かれた韓流コンサート「KCON2015」はほぼ満員となり、観客の90%以上が米国人だった。(写真=CJ E&M)
    TOP