주요 기사 바로가기

韓国企業、世界市場で売上・利益などの成果が下落気味

ⓒ 中央日報日本語版2015.08.26 15:31
0
世界市場における韓国グローバル企業の売上・利益比率等の成果が大きく悪化しているという分析が出された。

26日、LG経済研究院は報告書「グローバル企業の経営成果 中国・米国は浮上し韓国は後退」を通じて、「世界5000大企業に含まれる企業数や世界の売上、利益の相対的な比率において韓国企業が下落傾向を示している」と分析した。

報告書は売上を基準として世界の上位5000企業を国家別に分類して分析した。その結果、世界上位5000大企業に属する韓国企業は2004年196社から2009年190社、2014年182社と、この10年で14社減少した。

ドルを基準とした売上比率は2004年3.6%から2009年4.1%に上昇した後、2014年には4.0%に下落した。利益比率も2004年3.6%から2009年2.9%、2014年2.3%とこの10年間で1.3%ポイント減った。

報告書は「金融危機の時に成果順位が上昇した後、最近に入り危機以前より下降しているのは主要産業で共通して現れているもので、多くの産業で韓国企業の競争力が弱まっていることを示す現象といえる」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP