주요 기사 바로가기

朴大統領就任から2年半…「よくやっている」41%、「間違っている」49%(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.24 11:07
0
過去2年半の朴槿恵(パク・クネ)大統領の国政運営に対し、否定的な評価が肯定的な評価を上回った。

朴大統領5年任期の折り返し地点(25日)を迎え、中央日報調査研究チームが今月19~20日に全国成人男女1000人を対象に世論調査を実施した結果、「前半期の国政運営をうまくやっている」という回答は40.5%で、「間違っている」が49.4%だった。

世代別に評価が分かれた。「間違っている」とする回答は20代(19歳含む)が79%で最も多く、次いで30代(68.7%)、40代(58.6%)の順に高かった。半面、「うまくやっている」とする回答は50代(55.8%)と60代以上(71.6%)で多かった。地域別に分析してみると、「間違っている」とする回答が多い地域は湖南(ホナム)(59.1%)、ソウル(58.8%)、済州(チェジュ)(55.7%)、京畿(キョンギ)・仁川(インチョン)(49.6%)だった。半面、「うまくやっている」とする回答が「間違っている」という回答を上回った地域は大邱(テグ)・慶北(キョンブク)(54.2%)、忠清(チュンチョン)(49.1%)、江原(カンウォン)(48.2%)だった。

◆青年雇用のための大統領の「正規職譲歩」発言に67%共感

釜山(プサン)・慶南(キョンナム)は「うまくやっている」(43.9%)と「間違っている」(44.4%)は比率が誤差範囲内でだった。

国政分野別で見た場合、朴大統領が国政運営を「うまくやっている」と回答した人は外交(32.7%)と福祉(23.6%)分野を特に挙げた。政治(16.2%)、経済(13.7%)、南北関係(9%)等が後に続いた。半面、国政運営に問題があると考えている人は政治(35.1%)、経済(34.4%)分野で特に比率が高かった。
朴大統領就任から2年半…「よくやっている」41%、「間違っている」49%(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領就任から2年半…「よくやっている」41%、「間違っている」49%(1)

    2015.08.24 11:07
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵大統領
    TOP