주요 기사 바로가기

【噴水台】金正恩北朝鮮第1書記へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.22 13:32
0
小説『西部戦線異状なし』を読んだことがありますか。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が学生時代を過ごしたスイスに亡命したドイツ作家エーリッヒ・レマルクが参戦経験を基に書いて出した作品です。第1次世界大戦中、ドイツ軍に志願入隊した19歳の学生たちが体験する戦争の惨状を描いています。この学生たちには夢がありませんでした。戦場で、夢とは持つことのできない贅沢だったからです。

分断70年の5日後である20日夜、私は金第1書記が「完全武装戦時体制」を公表するのを見て、韓半島(朝鮮半島)の銃声はしばらく止まっただけで決して終わったものではなかったという事実を痛感しました。大切な美しい山川が戦場に変わり、夢が贅沢になるようなことがいつ何時でも生じうることを再度確認しました。

レマルクの小説の題名とは違い、韓半島の西部戦線は現在、一触即発です。21日、朝鮮中央テレビでは桃色のチョゴリを着た女性アナウンサーが「軍事的妄動」「挑発狂気」など暴力的言語を次々と口にした直後、宣伝歌謡である「われわれの銃隊は容赦しないだろう」を放送しました。画面をいっぱいに埋めた戦争武器を見て、私は背筋が寒くなりました。

北朝鮮軍人の目の色は、私を生み育ててくれた祖国大韓民国に対する敵意で固く団結しているように見えました。北朝鮮の労働党創建70周年記念日が49日後に迫りましたね。金第1書記は華やかに記念したいことでしょう。いろいろな「イベント」を計画中でしょう。その挑発の度合いによって、平和と統一という2つの単語はさらに遠ざかりそうな不吉な予感がします。北側がたびたび核兵器に言及するのを聞くにつけ、私は米軍が第2次世界大戦当時、原爆投下を控えて広島・長崎の住民たちに散布したビラに書かれたという文句を思い出します。

「銃弾には目がない。罪のない民間人は避けよ」。最大の被害者はまさに「罪のない民間人」でした。

日本TBS放送が今月8日に放映したドキュメンタリー番組で、ある米国人老兵は広島原爆被害者に会った席でこのように話しました。「原爆投下はむごたらしいことだ。しかし、われわれは真珠湾を忘れることができない」という話です。挑発の悪循環は罪のない民間人の夢だけでなく命まで奪い取ります。

ソウルの出勤途中に出会った20代女性会社員は恋人と「明日、どんな映画を見ようか」と言って明るく笑っていました。きょう、平壌(ピョンヤン)市内冷麺専門店「ハマナス」にも恋人たちがあふれているそうですね。人々の夢を奪う資格が金第1書記にあるのか訊ねてみたいです。西部戦線には異常があってはいけません。いいえ、「西部戦線」自体が韓半島から消えなければなりません。

チョン・スジン政治国際部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP