주요 기사 바로가기

【コラム】韓国の外交的決定は「韓国のもの」であるべき(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.21 10:55
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領も南北関係を改善する意志があると言いながらも関係改善を邪魔する発言をしている。朴大統領は統一準備委員会の会議で、来年にも北朝鮮が崩壊した場合に備えろという、大統領としてしてはならない話をした。2012年李明博(イ・ミョンバク)大統領がアラブの春を見て北朝鮮体制の崩壊は時間の問題という話を公開的に言いふらしていた間違いの繰り返しだ。嘆かわしい。1870~1871年、ビスマルク政権下で普仏戦争を卓越した戦略で指揮してドイツ統一に絶対的な寄与をした伝説的な戦略家ヘルムート・モルトケは「政治家が言う言葉はすべて真実であるべきだが、すべての真実をみな話してはいけない」という有名な警句(Maxim)を残した。パロディにしてみると「政治家が言う言葉はみな事実であるべきだが、すべての事実をみな話してはいけない」となる。モルトケの忠告と関係なく、北朝鮮崩壊が切迫していることが事実なのかも確実ではない。

北東アジア情勢が韓国をジレンマに陥らせて外交的に孤立させているということは話をしなくても皆分かっている。問題はどのようにするかだ。どのようにこの孤立から切り抜けて危機をチャンスにするかだ。結局、答えは対米・対日・大衆実用主義の自主外交に戻ってくる。韓日関係において、朴大統領が安倍の終戦70年談話に対する反応として、謝罪と反省を根幹とした歴代内閣の立場は揺るぎないという安倍の言葉を節制された言語として肯定的に受け入れたことは韓日関係改善の青信号になるだろう。民族主義の勢いが強力な日本にこれ以上期待するものがない以上、慰安婦問題や安保・経済・文化分野の協力を分離対応する外交が現実的だ。安倍の歴史わい曲は彼の無知と無概念のせいにして許してしまおう。

韓米同盟が韓国安保の根幹だが、米国の顔色をうかがい過ぎだ。9月3日に中国戦勝節に行くのに米国の暗黙的な了解を求めるのは時代錯誤的な屈従外交だ。北朝鮮牽制に中国の役割は必須だ。いつかあるだろう統一外交にしても同じだ。朴大統領は戦勝節に出席して軍事パレードまで参観することに対して躊躇する必要はない。韓国は堅実な中堅国家として周辺強大国パワーゲームのバランスウエイトだ。今後は広い北東アジアを視野に置いて、この地域唯一の中堅国家として「バランスウエイトの力」を使って北東アジアの平和を牽引しながら南北問題に接近することができる。

米国は韓国を中国包囲網に編入させようと、韓米日の3角安保体制に入れ、THAADを受けろ、ミサイル防衛(MD)網に参加しろとしきりに圧迫するが、判断は徹頭徹尾「韓国のもの」でなければならない。

金永熙(キム・ヨンヒ)国際問題論説委員
【コラム】韓国の外交的決定は「韓国のもの」であるべき(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP